【TikTok】気持ち悪いと感じる理由を紹介!注意点も解説

また友達のTikTok投稿によって気持ち悪いと思ってしまった場合にはそのまま自分のスマートフォンなどで加工や修正されていない動画をその友達に見せてみましょう。TikTokの動画加工しているため面白かったり、綺麗に映りますが、そのまま加工や修正をしない動画を見せることで気持ち悪い動画であることを伝えることができます。

対処法③配信者は「嫌われたいから投稿する」と考えるようにする

TikTokによって気持ち悪いと感じた場合には配信者は「嫌われたいから投稿する」と考えるにしましょう。配信者が好きで人気者になりたくてやっていると思い、TikTokの投稿を見ているとより気持ち悪いと感じてしまうこともあります。なので配信者は「嫌われたいから投稿」しているだと思うことで多少は気持ちが楽になります。

対処法④音楽は配信アプリで聴く

TikTokを音楽の代わりにずっと流している人もいます。そうなるとたまたま見てしまった動画が友達の気持ち悪い動画であった場合はとても不快な思いをしてしまうこともあります。なので音楽代わりにTikTokのアプリケーションを利用している場合には、ちゃんとした音楽アプリを活用して気持ち悪い動画を見ないようにしましょう。

【TikTok】面白いと感じないユーザーの意見一覧

TikTokは短い動画を様々な音楽動画加工を利用して投稿できるSNSアプリケーションとなっていますが、人によってはあまり面白くないと感じているユーザも多くいます。ここではどんな人が面白くないと思っているのかをチェックしてみましょう。TikTokを面白くないと思っている人の特徴は以下になります。

  • TikTokの動画で何を表現したいのかよくわからない投稿が多い
  • TikTokの動画は自分の好きな音楽を汚していると感じている
  • TikTokのアプリケーションが中国アプリなのであまりいい印象がに

【TikTok】面白いと思うユーザーの意見一覧

TikTokのアプリケーションを面白くないと思っている人がいる一方で、面白いと感じている人も多くいます。ここでは逆にTikTokのアプリを面白いと思っている人の意見を確認していきましょう。

  • TwitterやFaceBookとは異なり動画投稿なので楽しみながらSNSを利用することができる
  • バリュエーション豊かな音楽や加工があるので飽きることがない
  • 遊びの延長やちょっとした記念にTikTokで動画を作成して、簡単に思い出を作ることができる

TikTokの広告が気持ち悪い時の対処法

TikTokで気持ち悪いと感じる理由として、単純に友達や周りの人が投稿した動画だけではなくTikTok広告によって気持ち悪い感じることもあります。なのでここではTikTokの広告が気持ち悪い場合にどのような対処法があるのかをチェックしていきます。

対処法①広告を非表示にする

まずTikTokの広告が気持ち悪い場合には、TikTokに表示される広告を設定から非表示設定することができます。非表示設定する方法としては、以下になります。

  1. TikTokのアプリを起動して、右上に i マークをタップします
  2. そして「広告を非表示」の項目をタップする

対処法②広告ブロックのアドオンやアプリを導入する

関連する記事