【TikTok】再生回数0のまま増えない原因は?対処法と共に解説

TikTokで動画配信を始めたけど再生回数0のまま増えないことはありませんか?実はTikTokの仕様上再生回数が0になることはありません。そこで今回はTikTokで再生回数0のまま増えない原因やその対処法を徹底的に解説していきます。

TikTokで再生回数0になる主な原因は不具合か不適切判定か

TikTok

まず、TikTokで再生回数0になる主な原因は、

  • TikTokの不具合
  • TikTokの不適切判定

のどちらかに分類されます。

システム/アプリのバグや不具合

まずTikTokで再生回数0になる主な原因はシステム/アプリのバグや不具合の可能性です。

このシステム/アプリのバグや不具合が一番確率としては高いのですが、

  • 再生回数
  • いいね

が0になってしまいます。

特に今までの動画は問題なく再生回数が伸びていたのにもかかわらず、特定の動画だけ再生回数0のままになってしまうのはバグや不具合を疑いましょう。

おすすめに載らなかった

次のTikTokで再生回数0になる主な原因はおすすめに載らなかった可能性です。

基本的におすすめに動画が載るようなユーザーというのは

  • 有名人
  • 動画が伸びている

などの特徴を兼ね備えています。

しかし、そんなユーザーでも毎回毎回おすすめに載るわけではありません。

動画再生回数0のままということはありませんが、ただただ再生回数が少なかったためおすすめに掲載されなかっただけかもしれません。

ポリシー・規約違反

次のTikTokで再生回数0になる主な原因はポリシー・規約違反の可能性です。

TikTokが定めているポリシーや規約に違反している場合は、動画だけでなくアカウント自体に支障が出る場合があります。

特にポリシー・規約違反は

  • アカウント凍結
  • 動画削除

など厳しい罰則が用意されていることもあるので注意が必要です。

原因が無いにもかかわらず不適切判定

次のTikTokで再生回数0になる主な原因は原因が無いにもかかわらず不適切判定されている場合です。

実はTikTokでは特段、原因が無いのにもかかわらずバグにより不適切判定されてしまうことが起きています。

TikTokは人が手動で監視しているわけではなく、AIが自動的にクローリングを行い動画の判定を行っています。

一見大丈夫に見えても、AIがダメだと判断すればその動画はダメになってしまうのです。

原因が無いにもかかわらず不適切判定を受ける理由

原因が無いにもかかわらず不適切判定を受ける理由としてはAIが判断しているからでしょう。

TikTok独自のAIが動画を自動的に判断しています。

もし、AIが「ダメだ」と判断すればその動画は不適切判定になってしまいます。

よくある例としては滑舌が悪いため不適切判定にされてしまうことがあります。

テロップを入れるなど対策を講じれば問題はありません。

TikTok投稿動画の再生回数が激減して0になる

Tik Tok

関連する記事