非通知電話(184)はばれる?非通知電話を徹底解説!

迷惑電話対策アプリおすすめ3選!

キャリア毎に184の非通知電話や迷惑電話等を非通知拒否設定するサービスが提供されていますが、アプリケーションを利用して非通知電話や迷惑電話等対策する方法もあります。SIMフリーのスマホを利用している人にとっては、こちらで紹介するアプリケーションを利用した非通知電話や迷惑電話等を対策する方法を活用してみてください。ここで非通知電話や迷惑電話等の対策アプリとして

①迷惑電話ブロック【有料だけど頼りになる!設定も簡単!】

アプリケーションを利用した非通知電話や迷惑電話等を対策する方法としては、迷惑電話ブロックというアプリがおすすめです。迷惑電話ブロックアプリとは、振り込め詐欺や知らない人からの連絡を拒否することができるアプリになっています。電話以外にもメールやメッセージに関してもブロックできる機能を持っています。しかしこの迷惑電話ブロックアプリのデメリットとしては、有料版である点です。なのでお金が掛かってしまいます。ただ迷惑電話設定やアプリ内の操作はとてもシンプルになっています。

②あんしんセキュリティ【セキュリティに関するニュースも紹介してくれる!】

次におすすめする迷惑電話アプリとしては、あんしんセキュリティというアプリがおすすめです。あんしんセキュリティアプリの特徴としては、NTTドコモが提供しているアプリでありただ迷惑電話やメール連絡ブロックするだけではなくセキュリティに関する情報を紹介してくれるようになっています。そのため最近流行りのセキュリティ事故やトラブルに関しても知ることができ、同様のトラブルに合わないように対策をすることができるようになっています。

③Whoscall (フーズコール)【最大級のデータベースで情報共有できる!】

最後に紹介する非通知電話や迷惑電話等の対策アプリは、Whoscall (フーズコール)です。Whoscall (フーズコール)は、端末に登録されていない電話番号からの連絡やSMSのメッセージを膨大なデータベースから検索して安全な連絡であるかをチェックしてくれるアプリになっています。なので販売やトラブルが良く発生している電話番号からの連絡に対してはブロックしてくれて、たまたま電話番号を変えた友達からの電話は今まで通り通知してくれるようになっています。そのためトラブルに巻き込まれる可能性が高く、高齢者やビジネスで活用されることが多いです。

まとめ

184の非通知電話でばれる場面やポイントについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。184の非通知電話は基本的にはバレることがありませんが、場面によっては相手に通知されなかったり、相手に電話番号履歴が残ってしまう場合があります。逆に非通知設定の電話や迷惑電話はサービスやアプリを利用してブロックしておくとトラブルや犯罪に巻き込まれないので、活用することをおすすめします。