UQモバイルの解約方法を徹底解説!解約にかかる違約金は?

最近では3大キャリアにおいても格安プランがリリースされて、UQモバイルなどの格安SIMを解約してプラン変更しようとしている人もいるのではないでしょうか。UQモバイルの解約方法やUQモバイルを解約する際に発生する違約金について紹介していきます。

ケース別UQモバイルの解約方法

政府の施策の1つとしてスマートフォンの料金見直しが始まり3大キャリアでもスマートフォンの料金が格安になるプランが多くリリースされてきています。そんな時に注意したいのが現在利用している格安SIMのUQモバイルなどの解約する方法や注意点についてです。まずここではUQモバイルのスマートフォンを解約する方法や解約する手段について紹介していきますので、UQモバイルの解約を検討している人は是非検討してみてください。

電話番号を破棄して解約する場合は電話のみでOK

UQモバイルのスマートフォンプランを解約する方法としては電話番号を新しいプランで引き継ぎをしたり、MNP変更をしない場合はUQモバイルの問い合わせセンターに電話することで解約することができます。UQモバイルの問い合わせセンターの電話番号は、「0120-929-818」となっていますので、時間に余裕があるときに電話するようにしましょう。月末や新プランリリース時は問い合わせセンターが混みあう可能性もあるので、時間が余裕があるときに電話するようにしましょう。

解約後も乗り換えて電話番号を継続利用したい場合は電話をしてMNP番号を発行

またUQモバイルのスマートフォンプランを解約した後もスマートフォンの電話番号をそのまま利用したい場合は、MNP番号を発行する必要があります。UQモバイルのMNP番号を発行する方法としては、「0120-929-818」電話をかけて自動音声に合わせてダイヤル操作をすることでMNP番号を発行することができます。またMNP番号を発行することはできる方法は契約者のみになっていますので、代理で行う場合は別途資料が必要だったりするので、注意してください。

亡くなった人の解約手続きを行いたい場合は電話後に送られてくる書類を提出

また親族やUQモバイルのスマートフォンを利用していたのに亡くなってしまいUQモバイルのスマートフォンを解約する必要が発生した場合はどのような方法で解約すればいいのでしょうか。通常UQモバイルのスマートフォンの解約は本人でないと解約手続きをすることができません。しかし契約本人が亡くなってしまった場合は、家族であればUQモバイルのスマートフォンを解約することができます。方法としてはUQモバイルの問い合わせセンターに電話して送られてくる書類を提出すれば、解約できますのでまずは電話をかけてみましょう。

所定の日から8日以内なら初期契約解除制度を利用し書面で解約

またUQモバイルのスマートフォンを契約したけどやっぱり他のキャリアに変更したいと思った場合は、所定の日から8以内であれば違約金が発生せずに解約することもできます。8日以内にUQモバイルを解約したい場合は、初期契約解除制度を活用するようにしましょう。初期契約解除制度の詳細の方法やポイントについては、UQモバイルの公式サイトより確認してから手続きを開始するようにしましょう。

UQモバイル解約・MNP転出時に発生する違約金や手数料

ここまではUQモバイルで解約する方法をいくつかのパターンで紹介してきましたが、解約する際に一番気になるのはUQモバイルの解約やMNP番号の発行や転出時のトラブルが発生する際に違約金が発生してしまうかです。ここではUQモバイルの解約やMNP転出時に発生する違約金についてチェックしていきましょう。

くりこしプラン、スマホプラン、データ高速・無制限プランの場合