非通知電話(184)はばれる?非通知電話を徹底解説!

スマホや携帯電話から電話をかける際に184という番号を付けてから、電話をかけると非通知設定になりますが、実は184の非通知設定をしてもバレることがあります。ここではなぜ184の非通知電話がバレるのかについて紹介していきます。

非通知電話(184)はばれるのか?

スマホや携帯電話から184の番号を入れてから電話をすると相手側には非通知設定で電話が鳴ることを知っていますか。相手に自分の電話番号を知られてたくない場合は、この184非通知設定を利用する人が多いです。しかし実はこの184非通知ばれる可能性があることを知っていましたか。

非通知電話(184)を特定する方法はあるのか?

スマホや携帯で184の非通知電話をすると基本的には相手には電話番号が特定されることはありません。しかし184の非通知電話を利用していても相手に電話番号履歴が特定される場合があります。まずはどのような方法で184の非通知電話が特定されてしまうのかについてチェックしていきます。

非通知電話(184)がばれるシーンを紹介!

スマホや携帯で184の非通知電話をすると相手には火通知設定になるため、普通は相手に電話番号履歴が残ったり、相手に電話番号がばれることはほとんどありませんが、特定の場合のみ相手バレてしまう場合があります。ここでは184の非通知電話していても相手に電話番号や履歴としてバレるシーンについて紹介していきます。

消防や警察の場合は特定される!

まずスマホや携帯で184の非通知電話でばれるシーンとしては、消防署や警察署に電話をした場合は、ばれることになっています。これは事件や犯罪防止のために消防署や警察署に電話をかけた場合は184の非通知電話であっても電話番号履歴がばれるようになっています。なのでいたずら電話で掛けてもばれるのでやめましょう。

非通知電話(184)がばれるかも?疑われるシーン

また消防署や警察署以外にも184の非通知電話をしてもばれる可能性があるシーンがあります。それは仲の良い友達だったり、よく連絡をする人に184の非通知電話をしても相手から感ずかれてばれたり、疑われたりすることもあるので、トラブルになることも考えて悪戯で184の非通知電話を利用するのは避けた方が良いです。

非通知電話(184)のかけ方を徹底解説!

スマホや携帯で184の非通知電話を利用したことはありますか。意外と184の非通知電話のかけ方を知らない人もいるのではないでしょうか。ここでは携帯電話での184の非通知電話で掛ける方法について紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

非通知電話をかけるときは最初に184を追加する

スマホや携帯で184の非通知電話を掛ける方法としては、電話を掛けるアプリケーションまたは画面を起動して、電話を掛けたい電話番号の前に184と入力してから、電話をかけるだけ184の非通知電話をすることができます。ポイントしては最後ではなく、最初に184を追加することです。良く間違って最後に184と追加してしまっている人がいるので注意してください。

スマホで184をつけなくても常に非通知電話(184)にできる方法

相手の電話番号に184を最初に追加すれば簡単に184の非通知電話をすることができますが、実はスマホであればもっと簡単に184の非通知電話をすることができます。ここではiPhoneユーザ向けとAndoroidスマートフォン向けにそれぞれの184の非通知電話設定方法について紹介します。

iPhoneで常に非通知電話(184)を設定する。

まずはiPhoneの場合で常に184の非通知電話を設定する方法としては、「設定アプリ」を起動して「電話」の項目をタップしましょう。そして「発信者番号通知」の画面で「発信者番号通知」スイッチをオフにすることで常に184の非通知電話で相手に電話を掛けることができます。

androidスマホで常に非通知電話(184)を設定する。

次にAndoroidスマホの場合に常に184の非通知電話を設定する方法は、「設定アプリ」より「電話」をタップして、「発信者番号通知」を開きましょう。「発信者番号通知」をオフにすると常に184の非通知電話で相手に電話を掛けることができます。しかしAndoroidは機種によってできない場合もあるため、その場合は184を付けてから電話するようにしましょう。

迷惑電話の対策方法を解説

スマホや携帯電話から184の非通知電話を設をすると相手には電話番号が表示されないので、逆に知らない人から急に非通知電話が来ると怖い思いをすることがあります。なので184の非通知電話での連絡を全て拒否したい人もいるのではないでしょうか。ここでは184の非通知電話や迷惑電話に対する対処法について紹介していきます。是非参考にしてみてください。

非通知着信拒否の方法!キャリア別で紹介!

184の非通知電話や迷惑電話に対する対処法は、実は利用しているキャリアによって対処方法が異なってきます。なのでここではそれぞれのキャリア毎の184の非通知電話や迷惑電話等を非通知拒否設定にする設定手順について紹介します。まずは自分のスマホや携帯電話がどこのキャリアを利用しているかをチェックしておきましょう。

ドコモの「番号通知お願いサービス」で設定する

184の非通知電話や迷惑電話等を非通知拒否設定する方法として、docomoユーザの場合は「番号通知お願いサービス」を活用します。「番号通知お願いサービス」とは、電話番号を通知したくない相手から電話を来た場合に番号通知を依頼するガイダンスを流すことができるサービスのことです。「番号通知お願いサービス」の設定方法としては、ダイヤル操作とインターネット操作とサービスコードによる設定があります。ダイヤル操作では「148」に電話をかけて、「1」を押して設定完了です。

auの「番号通知リクエストサービス」で設定する

またauユーザの場合は、「番号通知リクエストサービス」サービスを利用します。「番号通知リクエストサービス」とは、非通知設定で電話がかかってきた際に電話番号を表示させるようにして再度電話をし直してくださいとメッセージを相手に伝えるサービスになっています。「番号通知リクエストサービス」は、電話番号「1481」に電話をかけることで設定できるようになっています。逆に「番号通知リクエストサービス」を停止したい場合は「1480」に電話すると解除されます。

ソフトバンクの「ナンバーブロック」で設定する

そして最後にソフトバンクユーザで184の非通知電話や迷惑電話等を非通知拒否設定する方法は、「ナンバーブロック」というサービスを活用すると設定することができます。ソフトバンクの「ナンバーブロック」も非通知設定で電話がかかってきた際に電話番号を表示させるようにして再度電話させるガイダンスが流れるサービスです。「ナンバーブロック」も設定はMySoftbankのサイトかソフトバンクショップで設定することができます。また非通知設定以外の特定の電話番号からの拒否設定もすることができます。