アディダス詐欺ラインの手口と対処法方を徹底解説!

9月26日以降からアディダスを語り個人情報を奪おうとするLineが出回っています。URLをクリックして自分の個人情報は大丈夫だろうかと心配している方もいると思います。アディダス周年詐欺の内容、対処方法やiPhoneのカレンダーから削除する方法をお伝えします。

アディダス詐欺LineのURLをクリックしたらどうなるのか

上の画像のような文面が「アディダス詐欺Line」のメッセージとなっています。
この文の下にはURLが記載されています。もしこのURLをクリックしてしまったらどんなことが起こるのでしょうか?

 

①アンケートに飛ぶ

アディダス詐欺ラインのURLをクリックするとアンケートを答えるように誘導されます。3つのアンケートです、このアンケートに答えると次の段階に進んでしまいます。

アンケートの上部には残りの数が表示されています。その数を見て焦ってその先にどんどん進んでしまわないようにしましょう。このアンケートに引っかかって答えてしまってもまだ個人情報は盗まれていませんので安心して下さい。

②Lineを拡散するように指示される

アンケートを答えるとLineで拡散するように指示されます、Lineで拡散しないと次の段階に進む事が出来ないようになっています。ここでアディダスの靴欲しさに友達や知り合いにLineで拡散してしまうと詐欺に協力してしまう事になってしまいます。ここまで進んでもまだ個人情報が盗まれる事はありません。

青いボタンを見ると意味不明の言葉になっていますので怪しさ満点です。違和感を感じます。

自分のところにアディダス詐欺のLineが来たという事は友達や知り合いがこの画面まで進んだという事です。友達や知り合いに詐欺だよと教えて上げる事が出来ます。下の方に騙されてしまった時の対処方法も載せているのでその情報も一緒に伝える事が出来るかもしせません。

③スマホのカレンダーに外部から勝手に登録される

Lineで20人に送ってしまうと Click To OK Continue と出て個人情報を入力する画面に移行してしまいます。ここで個人情報を入力するなら盗まれてしまうので注意しましょう。またこの時にスマホのカレンダーアプリに勝手にスケジュールが登録されてしまします。強制的に入るので自分の携帯は大丈夫だろうかと思うかも知れません。スケジュールが勝手登録されただけでは個人情報が盗まれる事はないので安心して下さい。

外部のカレンダーが入り込んでしまった時の対処方法

アディダス詐欺のスケジュールが勝手入力されてしまう気持ちが良いものではないので削除しておきましょう。

「設定」から「パスワードとアカウント」を開くと外部のカレンダーを削除できます。この場所にない時はiPhoneのOSのバージョンが違う可能性があります。iOS14では「設定」から「カレンダー」を開くと外部のカレンダーを削除できます。

アディダス詐欺Lineに引っかかった時にやっておくこと

カレンダーは簡単に削除できても個人情報を入力してしまった場合には対処方法としてどんな事をすれば良いのでしょうか。答えはパスワードを変え2段階認証にする事です。Apple IDとLineのパスワードを変え両方とも2段階認証を設定しましょう。アディダス詐欺に引っかかっていない人も2段階認証を設定していれば自分の情報を守るためのセキュリティを強化できます。

Apple IDのパスワードは「設定」から「ユーザ名(自分の名前)」を選び「パスワードとセキュリティ」の中で変更できます。2段階認証も同じ場所で設定できます。「パスワードとセキュリティ」の中の「2ファクタ認証を有効にする」を選び「続ける」を押します。その後自分の電話番号を入力しコードが届くのでそれを入力すれば完了です。すでに「2ファクタ認証」の部分がオンになっていて電話番号が入っていれば完了しています。

LineのパスワードはLineアプリを開き「ホーム」のタブの「設定(一番左上にある歯車のマーク)」を選び、その中の「アカウント」で変更できます。2段階認証も同じ「アカウント」の場所で出来ます。「アカウント」の「電話番号」に自分の電話番号を入力するとコードが送られてきますのでそのコードを入力する事で出来ます。すでに電話番号が入っていれば2段階認証が完了しています。

アディダス詐欺Lineの配信元は?

サーバーの位置情報はアメリカのようです、しかしアディダスの本社はドイツです。そしてそのサーバーの証明書は期限が切れているようです。サーバーの証明書の期限が切れている場合その信頼度が下がる事になりますので世界のアディダスがそのようなミスをするとは考えられません。よって配信元の事を考えても詐欺である事がわかります。