windowsにあるMRT.exeの削除から詳しい解説まで

次のMRT.exeの問題を事前に回避する方法はWindowsのバージョンバックアップをとっておく方法です。

万が一Windows自体が破損してしまったときのために、バックアップは必ず取っておきましょう。

後日修復できないようになる最悪の状況だけは避けなければなりません。

Systweak Antivirusでシステムをスキャン

ではSystweak Antivirusでシステムをスキャンする方法をご紹介します。

手順は、

  1. Systweak AntivirusをPCへダウンロードする
  2. スキャンタイプを「ディープスキャン」に変更
  3. ディープスキャンを実行
  4. 終了まで待機する
  5. 表示されるエラーを確認する
  6. エラーをSystweak Antivirusで修正する
  7. PCの再起動
  8. MRT.exeの状態を確認する

でOKです。

Systweak Antivirusを利用すればMRT.exeが原因で引き起こされるエラーを解消することが亜k脳です。

また、メモリを大量消費してしまう場合はSystweak Antivirusを利用していらないプログラムを排除してしまいましょう。

まとめ

今回はwindowsにあるMRT.exeの削除方法をご紹介しました。

WindowsからMRT.exeを削除する方法は簡単ですので、ササっとやってしまいましょう。

また、MRT.exeが原因で引き起こされるエラーはSystweak Antivirusで解消することが可能です。

Systweak Antivirusは無料で利用できるので是非PCにインストールしておきましょう。