アプリケーションファイル「MRT.exe」は削除しても良いのか?

Windows10にインストールされているアプリケーションである「MRT.exe」。

しかし「MRT.exe」が邪魔になってしまうことがあります。

そこで今回はアプリケーションファイル「MRT.exe」を削除しても大丈夫なのかどうかをご紹介します。

MRT.exeはMicrosoftのウイルス/マルウェア駆除アプリケーション

まず「MRT.exe」アプリケーションとはMicrosoft社が提供している無料のウイルスやマルウェアを駆除してくれるアプリケーションとなっています。

「MRT.exe」アプリケーションは略称になっており正式名称は「Microsoft Windows Malicious Software Removal Tool」。

この「MRT.exe」アプリケーションはWindows Updateによりバックグラウンドで毎月第二火曜日に更新と実行がされるようになっています。

Windows Update時に自動実行されるファイル

そして、Windows Updateにより「MRT.exe」アプリケーション

  • ウイルス
  • マルウェア

などの感染をスキャンしてくれるようになっています。

そして、感染が確認され次第自動的に削除されるようになっています。

また「MRT.exe」アプリケーションはWindows Updateによりウイルスの

  • 検出
  • 削除

を定期的に行うようになっています。

基本的に「MRT.exe」アプリケーションは何ら影響がないファイルになっていますが、ウイルスをスキャンしている場合はCPUの負担が高くなってしまうことがあります。

そのため「MRT.exe」アプリケーションが邪魔だと感じてしまう人が多くなっているようです。

ウィルス対策ソフトが導入されている場合のMRT.exeの有効性

ではウイルス対策ソフトがすでに導入されている場合に「MRT.exe」アプリケーションはどのように活用されるのでしょうか。

駆除ツールであり、予防/対策機能はないMRT.exe

そもそも「MRT.exe」アプリケーションは駆除ツールとなっており、

  • 予防
  • 対策

昨日は搭載されていません。

そのためすでにWindowsにウイルスが感染してしまっている場合のみ活用されるようになっています。

基本的に他のウイルス対策ソフトを導入している場合では「MRT.exe」アプリケーションの必要性はあまりありません。

手動で実行することになってしまう「MRT.exe」アプリケーションは優先的にインストールすべきではないのかもしれません。

そのため「MRT.exe」アプリケーションは二段階対策レベルで捉えておくべきものでしょう。

必須とまでは言えないMRT.exe

以上のように「MRT.exe」アプリケーションは必須ではありません。

あくまで「あったら便利」程度で考えられるものではあります。

MRT.exeは削除可能

そんな「MRT.exe」アプリケーションですが、削除することは可能です。

しかし「MRT.exe」アプリケーションを削除してしまうと後々面倒なことになってしまう可能性があるということだけは抑えておきましょう。

「MRT.exe」アプリケーションはウイルス進入時に活発化するソフトになっています。

そのためウイルスソフトを入れておけば「MRT.exe」アプリケーションの必要性は皆無に近くなります。

しかし「MRT.exe」アプリケーションを削除してもWindows Updateの際に再度「MRT.exe」がインストールされるようになっています。

つまり「MRT.exe」アプリケーションを削除してWindows Updateを繰り返すと結局「MRT.exe」がPC内に残っている状態が出来上がります。

消しても消しても「MRT.exe」アプリケーションは復活してくるのです。

それを踏まえて「MRT.exe」アプリケーションを削除する場合はお勧めします。

MRT.exeの削除方法