『リモートプロシージャコールに失敗しました』エラーの対処手順

Windows10で表示されてしまう『リモートプロシージャコールに失敗しました』。

このエラーは早急に対処する必要があります。

今回はこのWindows10における『リモートプロシージャコールに失敗しました』の対処法についてご紹介します。

リモートプロシージャコールとはネットワーク越しにプログラムを呼び出す手法

まずはリモートプロシージャコールについて見ていきます。

リモートプロシージャコールとはWindows10上のサービスの1つ。

Windows公式で解説されている内容を参照するとリモートプロシージャコールとはネットワーク越しにプログラムを呼び出す手法のことです。

ネットワークを介してプログラムを実行することができるのでリモートプロシージャコールは非常に便利です。

「リモートプロシージャコールに失敗しました」の原因

では「リモートプロシージャコールに失敗しました」の原因について見ていきます。

「リモートプロシージャコールに失敗しました」の原因としては

  • Windowsの不具合
  • Windowsのトラブル
  • Windowsサービスの不具合
  • Windowsサービスのトラブル

などが考えられます。

「リモートプロシージャコールに失敗しました」と出た時の対処手順

では「リモートプロシージャコールに失敗しました」と出た時の対処手順をご紹介します。

Windowsの再起動

まず「リモートプロシージャコールに失敗しました」と出た時の対処手順はWindowsの再起動をする方法です。

「リモートプロシージャコールに失敗しました」に限った話ではありませんが、何かしら不具合が生じた際にはWindowsの再起動を行いましょう。

結果、「リモートプロシージャコールに失敗しました」が修復したということをSNS上でもよく報告されています。

そのため以下に示す対処法を試す前に「リモートプロシージャコールに失敗しました」を解決するためにWindowsを再起動しましょう。

既定のアプリをデフォルトに戻す

次の「リモートプロシージャコールに失敗しました」と出た時の対処手順は既定のアプリをデフォルトに戻す方法です。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「アプリと機能」→「既定のアプリ」をクリック
  3. 「Microsoftが推奨する規定値にリセットする」→「リセット」をクリック

でOK。

エラーが出るアプリの修復・リセット

次の「リモートプロシージャコールに失敗しました」と出た時の対処手順はエラーが出るアプリの修復・リセットをする方法です。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「アプリと機能」→「詳細オプション」をクリック
  3. 「Microsoftフォト」→「修復」をクリック
  4. エラーが解決しない場合は「リセット」をクリック

でOK。

Remote Procedure Callサービスの起動