windowsにあるMRT.exeの削除から詳しい解説まで

WindowsにはMRT.exeがありますが、MRT.exeが重く感じる時があります。しかし、MRT.exeを削除していいかどうかを迷っているユーザーが多くいます。そこで今回はwindowsにあるMRT.exeの削除から詳しい解説までを一挙ご紹介します。

windowsでMRT.exeが重い時は削除

結論、windowsでMRT.exeが重い時は削除してしまいましょう。

windowsでMRT.exeが重い時は削除する方法をご紹介します。

1.Windows Updateを実行する

まずMRT.exeを削除する方法はWindows Updateを実行する方法です。

Windows Updateを実行するには、

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「設定」→「更新とセキュリティ」→「更新プログラムのチェック」をクリック
  3. Windows Updateを開始する

でOKです。

2.DIMSコマンドとシステムファイルチェッカーを実行する

次のMRT.exeを削除する方法はDIMSコマンドとシステムファイルチェッカーを実行する方法です。

DIMSコマンドとシステムファイルチェッカーを実行するには、

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「Windows PowerShell(管理者)」を起動する
  3. 「DISM.exe /Online /Cleanup-image /Restorehealth」を実行
  4. 「sfc /scannow」を実行
  5. 「Windows PowerShell(管理者)」を終了する

でOKです。

3.MRT.exeのタスクを手動で終了する

次のMRT.exeを削除する方法はMRT.exeのタスクを手動で終了する方法です。

MRT.exeのタスクを手動で終了するには、

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「タスクマネージャー」をクリック
  3. 「詳細」タブを開く
  4. リストから「MRT.exe」を探し「タスクの終了」をクリック

でOKです。

4.MRT.exeを手動で削除する

次のMRT.exeを削除する方法はMRT.exeを手動で削除する方法です。

MRT.exeを手動で削除するには、

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「タスクマネージャー」をクリック
  3. 「詳細」タブを開く
  4. リストから「MRT.exe」を探し「タスクの終了」をクリック
  5. Windowsアイコンをクリック
  6. 「エクスプローラー」を起動
  7. 「C:\Windows\System32」へ移動する
  8. 「C:\Windows\System32」から「MRT.exe」を探す
  9. 「MRT.exe」を右クリックし「削除」をクリック

でOKです。

MRT.exeは削除しても問題なし

以上でMRT.exeの削除方法をご紹介しましたが、そもそもMRT.exeは削除してもいいのでしょうか。

結論、MRT.exeを削除しても大丈夫です。

MRT.exeはPCへウイルスが侵入してきた際に活動するソフトで、ウイルス対策ソフトを導入している方はMRT.exeは必要ありません。

ただ、ウイルス対策ソフトを導入していない場合はMRT.exeを削除するのは少々危険だと判断できます。

また、MRT.exeは削除してもWindows Updateを行うたびに復活します。

結果、MRT.exeを消しても消しても復活してきてしまうためMRT.exeだけを削除するのはあまりお勧めできません。

MRT.exeは、

  • 手動で実行する
  • Windows update

の2つのアクションを行わない限り作動することはありません。

MRT.exeはウイルスの可能性

関連する記事