Windowsエラー:NET HELPMSG 2182の対処手順

Windowsに表示されるエラーであるNET HELPMSG 2182。

NET HELPMSG 2182はBITSが影響しているといわれています。

そこで今回はWindowsエラーのNET HELPMSG 2182の対処手順をご紹介します。

NET HELPMSG 2182エラーの原因はBITSサービス

もともとこのエラーの原因はBackground Intelligent Transfer Serviceだといわれています。

Background Intelligent Transfer Serviceは

  • アップデート
  • ストアアプリのアップデート
  • ファイルダウンロード

などで利用されています。

非常に便利な機能なのですが、Background Intelligent Transfer Serviceが影響して他の動作に問題が生じる場合があります。

そのためBackground Intelligent Transfer Serviceを停止したくなるのですが、停止してしまうとアップデートなどに影響してしまうのでお勧めできません。

しかしBackground Intelligent Transfer Serviceが影響して生じるエラーは少なからず存在しています。

その場合はどうすればいいのでしょうか。

まずNET HELPMSG 2182エラーの原因を見ていきます。

NET HELPMSG 2182エラーの原因として挙げられるのは

  • Windows Updateの不具合
  • Microsoft Storeの不具合
  • Windowsシステムファイルの不具合
  • ファイルシステムの破損

です。

NET HELPMSG 2182エラー発生時の対処手順

ではNET HELPMSG 2182エラーが生じてしまったらどうすればいいのでしょうか。

【手順1】PCを再起動する

まずNET HELPMSG 2182エラーが生じたらやることはPCの再起動です。

NET HELPMSG 2182エラーが表示される原因として

  • Windows Updateの不具合
  • Microsoft Storeの不具合

などがあるとご紹介しました。

これらの不具合が生じることを制限するにはPCの再起動が一番有力です。

まずは再起動をしてNET HELPMSG 2182エラーが解消されるかどうかをチェックしてください。

【手順2】トラブルシューティングツールの実行

Windows 10の常駐でインストールされているトラブルシューティングツールを利用しましょう。

そのトラブルシューティングを活用してNET HELPMSG 2182エラーの解決をしていきましょう。

Windows Updateトラブルシューティングツールの実行

まずはWindows Updateトラブルシューティングツールを実行する方法です。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 設定アイコンをクリック
  3. 「更新とセキュリティ」→「トラブルシューティング」→「Windows Update」→「トラブルシューティングの実行」をクリック
  4. 画面が表示されるので指示に従う

でOK。

BITSトラブルシューティングツールの実行

2つ目の方法ですが、BITSトラブルシューティングツールを実行してみましょう。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. コントロールパネルを開く
  3. アイコンに表示変更し「トラブルシューティング」→「すべて表示する」→「バックグラウンドインテリジェント転送サービス」をクリック
  4. 画面が表示されるので指示に従って操作を進める
  5. 「次へ」でBITSトラブルシューティングを完了させる

でOK。

【手順3】Microsoft Storeのキャッシュをクリア

NET HELPMSG 2182エラーの原因の1つにMicrosoft Storeがあります。

このキャッシュをクリアすることでNET HELPMSG 2182エラーが解決することがあります。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「Windows PowerShell(管理者)」で「wsreset.exe」を実行
  3. PCの再起動

でOK。

【手順4】Windows Updateのリセット

NET HELPMSG 2182エラーの原因の1つにWindows Updateもあります。

このUpdateをリセットすることでNET HELPMSG 2182エラーが解決することがあります。

手順は

  1. Windowsアイコンをクリック
  2. 「Windows PowerShell(管理者)」で「net stop wuauserv
 net stop cryptSvc
    net stop bits
 net stop msiserver」を実行
  3. ren C:\Windows\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.oldren C:\Windows\System32\catroot2 Catroot2.old」を実行
  4. net start wuauserv
 net start cryptSvc
 net start bits
    
net start msiserver」を実行

でOK。

【手順5】システムファイルの修復を試す