[Windows10]cドライブの容量不足はファイルを削除など

そもそもWindows10のcドライブが容量不足になる原因を説明します。

原因1.インターネットの一時ファイルが蓄積

インターネットのWebサイトにアクセスすると、そのサイトを表示するために必要なデータがダウンロードされて、後日再表示する際に便利なように、インターネット用の一時ファイルとしてcドライブに蓄積されます。

蓄積されっぱなしになるので、cドライブの容量圧迫の可能性があります。

原因2.破損したファイルがcドライブを圧迫

何らかのタイミングで破損状態となったファイルが多数あると、cドライブを圧迫することになります。とくに、破損したファイルがシステムファイルの場合は、非表示ため気がつかないことが多いです。

原因3.ウイルス感染

急にcドライブ容量が減るということは、一度に大量のファイルが作成されたということであり、身に覚えがない場合はウイルス感染を疑うことも必要です。

原因4.大容量ファイルの保存

ビデオデータがゲームデータなど大容量のデータは、システムドライブであるcドライブ以外のドライブに保存しましょう。データ保存専用のドライブを増設するのも手です。

原因5.計算方法の違い

ディスクサイズはバイトという単位で表示されますが、この単位には複数の尺度が用いられています。具体的には、1GBを1000MBと1024MB、1TBを1000GBと1024GBと異なる単位換算で算出するなどの場合です。

原因6.アップデートの原因

Windows10のアップデートで大幅にシステム領域を消費してしまうことも考えられます。こうした場合は、古い履歴データやバックアップデータを削除するとよいでしょう。

Windows10のcドライブストレージ容量の確認方法