【Windows10】ライセンス認証しないとどうなる?移行方法も

Windows10 パソコンのライセンス認証しないとどうなるのでしょうか。Windows10 パソコンでライセンス認証しないとどうなるのかについてここではチェックしていきますので、Windows10 パソコンを利用している人はチェックしてみてください。

【Windows10】ライセンス認証をしないとどうなる?

Windows10パソコンでライセンス認証しないとどうなるのか知っていますか。ライセンス認証しないとWindows10パソコンは利用できないのでしょうか。ここではWindows10パソコンでライセンス認証しないとどうなるのかを確認していきましょう。

ライセンス認証とは

そもそもWindows10パソコンでライセンス認証しないとどうなるとはどのような意味を表すのでしょうか。ライセンス認証とは、利用するソフトウェアやパッケージを利用しても問題ないですよという認証をすることを言います。そんなパッケージ認証で大事なライセンスですが、Windows10パソコンでライセンス認証しないとどうなるのでしょうか。

機能が制限される

まずライセンス認証しないとどうなるのかというとWindows10パソコンでライセンス認証しないと機能が制限される可能性があります。Windows10パソコンでライセンス認証することで利用できる機能もあり、Windows10パソコンを単純にインストールしただけでは利用できない機能もあるので注意してください。

【Windows10】ライセンス認証をしない場合に受ける機能制限とは?

Windows10パソコンでライセンス認証しないとどうなるのかを確認しましたが、ライセンス認証していないと利用できない機能が一部あります。ここではさらにWindows10パソコンでライセンス認証しないとどうなるのかについて発生する機能制限についてチェックしてみましょう。

OSの更新・アップデートができない

まずWindows10パソコンでライセンス認証しないと発生する機能制限としては、OSの更新やアップデートが行えなくなります。なのでWindows10パソコンのセキュリティや脆弱性が悪化する可能性があります。

壁紙、ロック画面、テーマの変更ができない

またWindows10パソコンでライセンス認証しないとどうなるのかとして、壁紙やロック画面、テーマ変更することができません。なのでWindows10パソコンの標準の壁紙やロック画面、テーマを利用するしかありません。

OSの一部の機能やサービスが使えない