Twitter上のGIF画像が再生できない場合の対処手順

Twitterを使っていると、ときどきGIF画像がうまく再生できないようなことはありませんか?そのような時に考えらる原因はアプリの設定・通信環境など多岐に渡ります。本記事ではTwitterでGIFが再生できない時の対処法をご紹介。ぜひ参考にしてください。

Twitter上のGIF画像が再生できない場合の対処法【スマホ/アプリ】

本項はアプリ版のTwitterを使用中、GIF画像が再生できない場合に有効な対処法をご紹介。ページの更新やアプリのアップデート、端末の再起動などすぐにできるものでも十分効果が見込めます。アプリ版を使っていて不具合を感じる時はぜひ試してみてください。

【手順1】ページの更新

Twitterだけには限らずGIF画像が再生できない時は、一度ページの更新をしてみましょう。画像や動画が開けない時は、ファイルの読み込みが運悪く上手くいかずに表示および再生できていないだけかもしれません。ブラウザバックするかページの更新をしてみて、ファイルが再生できるか確かめてみてください。

【手順2】端末やアプリの再起動

公式アプリを使ってTwitter閲覧している時にGIF画像が表示されないまた再生できない時は、端末やアプリの再起動が効果的です。特にスマホ端末はシャットダウンをする機会が少なく、知らない間に多くの処理が蓄積されてしまっていることがります。定期的にシャットダウンを行い、常に良いパフォーマンスが出せる状態にしておきましょう。

【手順3】通信環境の確認

通信環境が悪いとGIF画像の再生だけでなく、インターネットの表示もおかしくなることがあります。接続しているWi-Fiやキャリア通信の状態が正常がどうか確認してみてください。インターネット上にある速度測定サイトの利用などもおすすめです。

【手順4】キャッシュの削除

スマホ版Twitterでファイルが表示されない時やGIF画像や動画ファイルが再生できない時は、キャッシュの削除を試してみてください。キャッシュはウェブページの表示速度を上げてくれる便利な機能ですが、溜めすぎるとかえって処理が遅くなることがあります。ちなみにiPhoneの場合、以下の手順でキャッシュを削除可能です。

  1. 「設定アプリ」を選択
  2. 「履歴とWebサイトデータを消去」を選択
  3. 「履歴とデータ消去」を選択

【手順5】アプリを最新にアップデート

Twitterアプリを使っている方でGIF画像がうまく再生できないという方は、最新バージョンに更新されている確認してみてください。アプリケーションは常にデバイスやブラウザなど最新の環境に向けて調整されています。いつまでも旧バージョンを使っていると、アプリ内で不具合が起こりやすくなりますので注意してください。

【手順6】Twitterの自動再生をオン

Twitterのタイムライン上でムービーファイルやGIF形式の画像を再生できないことで困っている方も多いはずです。そのような方はTwitterアプリ内の設定を変更することで解決することができます。Twitterのタイムライン上でファイルを自動再生したい方は以下の手順を踏みましょう。

  1. 「Twitter」アプリを開く
  2. 「設定とプライバシー」を選択
  3. 「データ利用の設定」を開く
  4. 「動画の自動再生」欄を確認
  5. 好きな設定に変更する