ドコモのiPhone/スマホで着信拒否されたらメッセージ通知はどうなる?

この記事は約 6 分で読むことができます。

迷惑電話。セールス、勧誘、イタズラ電話など、そのスタイルは色々ですが、共通しているのは受信側が一方的に迷惑を被ることです。こうした電話は比較的簡単に着信拒否することができますが、「着信拒否した後、どういったことが起こるのか?」といったことは意外と知られていません。今回は、意外と知らない着信拒否後の通知について取り上げます。

docomo iphone

 この記事と一緒によく読まれる記事 

▶︎【最新】iPhoneで着信拒否すると相手からの履歴や通知が残るの?
▶︎iPhone相手を着信拒否しても通知お知らせが届くときの対処方法とは?
▶︎iPhoneで着信拒否した相手側のアナウンスやメッセージの基礎知識?!

この記事を読んでいる方は、常にポケットや鞄の中にiPhoneを入れて持ち歩いているという方が殆どではないでしょうか?

そんな状態を狙い掛かって来るのが、セールスや勧誘などの迷惑電話です。

仕事や家事に集中している時、突然の着信。見知らぬ番号なので取ってみたら、ただのセールスだった。そんなことが増えれば、テンションも落ちてしまいますよね。

それこそ、イライラどころでは済まないことでしょう。

実は、iPhoneでは2種類の着信拒否機能を利用することができます。

今回は、ドコモ編ということで、ドコモでiPhoneを使われている方向けに、そうしたサービスの解説と利用中の気になるあれこれを解説したいと思います。

Sponsored Links


微妙に違う?2つの着信拒否方法

docomo01

ドコモのiPhoneユーザーが利用できる着信拒否機能は、以下の2つです。

iPhone本体での着信拒否設定

iOS7以降のiPhoneに限りますが、本体側の機能で着信拒否の設定をすることができます。

設定方法

設定方法は2パターンあります。

知らない電話番号の場合
  1. 電話アプリを開き、着信履歴を表示する。
  2. 拒否したい電話番号の右側に表示されている「i」マークをタップ
    少しでも触る場所がズレると、発信してしまうので注意!
  3. 一番下にある「この発信者を着信拒否」を選択する。
電話帳に登録してある相手の場合
  1. 電話アプリを開き、「連絡先」の項目を表示する
    連絡先アプリからは拒否登録できないので注意!
  2. 着信拒否したい相手を選ぶ
  3. この「連絡先を着信拒」を選択する。
長所
  • iPhone本体で簡単に着信拒否できる
  • SMSやFaceTimeなども一括して拒否することができる
  • SIMロックを解除しておけば、他社へ乗り換えても、同じiPhoneを使い続ける限り再設定不要。
短所
  • ドコモのサービスと連動していないので、留守電に相手のメッセージが残ったり、転送電話利用時は着信拒否できない。
  • iPhone以外のスマホやガラケーに機種変更した場合、設定を引き継げない。
  • 同じ電話番号からのSMSやFaceTimeも拒否されてしまうので、電話だけを拒否することはできない。

ドコモの迷惑電話ストップサービス

iPhone本体の着信拒否設定とは別に、ドコモではAndroidスマートフォンやガラケーと共通の「迷惑電話ストップサービス」を提供しています。

他キャリアでは有料サービスとなっていますが、ドコモの場合は無料サービスとして提供されています。

サービス内容
  • 拒否できる電話番号の数:最大30件
  • 非通知設定の拒否:◯
  • 手動で拒否したい電話番号を登録:◯
  • Webからの拒否番号登録:◯
設定方法(指定した番号を拒否する場合)
  1. 144へダイヤルする
  2. ネットワーク暗証番号を入力する
  3. 「1」を選択
  4. 「2」を選択
  5. 登録したい電話番号を入力
  6. 登録完了のガイダンスが流れたら、「#」を押して電話を切る。
設定方法(その他)

直前に着信した電話番号(非通知含む)を登録することもできます。

設定する場合は、144へダイヤルした後、ガイダンスに沿って操作を行ってください。

また、スマートフォンのdメニューやWebサイトのMy docomoからも設定が可能です。

長所

  • 留守電や転送電話も一括で拒否される
  • ドコモを使い続けていれば、iPhone以外のスマートフォンやガラケーに機種変更しても設定が維持される。
  • 着信拒否のアナウンスが流れるので、相手に着信拒否されている旨をはっきりと伝えることが出来る。

短所

  • 着信拒否している旨のアナウンスが流れるので、相手側に着信拒否を知られたくない時には利用できない。
  • 相手からの着信がないと拒否設定できない。

自分や相手に何か通知が行くの?私、気になります!

女性2

ここまで、ドコモのiPhoneユーザーが利用できる2つの着信拒否方法を解説してきました。

では、実際にそれを使った場合、自分や相手にはどういったアナウンスや通知が出るのでしょうか?

受信側へのメッセージ通知等

sms

まずは、着信拒否の設定をiPhone等で行った人(受信側)のケースを見てみましょう。

着信音は鳴るのか

iPhone本体で設定した場合も、迷惑電話ストップサービスを使った場合も、iPhoneの着信音が鳴ることはありません。

着信履歴は残るのか

こちらも、本体設定と迷惑電話ストップサービスの双方ともに着信履歴は残りません。

iPhoneに着信が通知されるのか

iPhone本体設定、迷惑電話ストップサービスどちらも、iPhoneのロック画面や通知センターに不在着信などが通知されることはありません。

着信を知らせるSMSは届くのか

キャリアから不在着信を知らせるSMSは届くので、拒否した相手から着信があったこと自体は知ることが可能です。

迷惑電話の証拠を残しておきたい場合にも安心です。

また、迷惑電話の件数が多すぎて着信SMSすら受けたくないような場合は、配信停止設定を行うことが出来ます。

発信側へのメッセージ通知

sms

続いて、着信拒否をされた側(発信側)のケースを見てみましょう。

着信拒否アナウンスは流れるのか

iPhone本体で設定した場合

相手が電波圏内に居る場合は、特にアナウンスは流れず、話し中の「ツーツーツー」という音が流れます。

圏外に居たり、電源を切っている場合は、その旨のアナウンスが流れます。

留守番電話サービスを契約している場合は、その後留守電に繋がります。

迷惑電話撃退サービスを利用した場合

「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません。」というアナウンスが流れ、その後切断されます。

留守電にメッセージを残せるのか

iPhone本体で設定した場合

掛けた先の相手が留守番電話サービスを契約している場合のみ、留守電にメッセージを残すことができます。

迷惑電話撃退サービスを利用した場合

相手が留守番電話を契約していても、メッセージを残すことができません。

拒否した相手に気付かれたくない場合は、サービスを選ぶ必要あり。

というわけで、今回はドコモを利用中のiPhoneユーザー向けに、着信拒否サービス2種と、利用した場合の通知等の変化について解説しました。

まとめると、受信側は設定次第で基本的に無通知に近い状態にすることが可能です。

ただし、発信側には着信拒否した旨のアナウンスが流れる場合があります。

拒否したことがわかると気まずい相手などには、iPhone本体側の着信拒否設定を利用するなど、状況に合わせて対応する必要がありそうです。

この記事と一緒によく読まれる記事はこちら

▶︎【最新】iPhoneで着信拒否すると相手からの履歴や通知が残るの?
▶︎iPhone相手を着信拒否しても通知お知らせが届くときの対処方法とは?
▶︎iPhoneで着信拒否した相手側のアナウンスやメッセージの基礎知識?!




▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す