【APEX】ランク差グリッチとは?シーズン10の概要も紹介

ではランクの仕様についてご紹介します。

まず、ランクマッチに参加できるのはレベル10以上に限定されています。

つまり、レベル10に達していない場合は通常プレイでレベルを10まで上げる必要があります。

そして、ランクマッチ参戦に必要なRPについては、

ランク消費量
ブロンズ0RP
シルバー12RP
ゴールド24RP
プラチナ36RP
ダイアモンド48RP
エーペックスプレデター60RP

となっています。

開催期間

では開催期間をご紹介します。

開催期間としては、

マップ開催期間
ワールズエッジ2021年8月4日(水)~9月28日(火)
キングスキャニオン9月28日(火)~11月2日(火)

となっています。

MMRとランクの仕様

ではMMRとランクの仕様をご紹介します。

基本的にアリーナで開催されるランクマッチについては、

  • スキル評価のランク
  • マッチメイキングのランク

の2つがあります。

BRランキングやすべての人には見えない数値の部分での評価が加味されてMMRとランクが決まるようになっています。

10試合のプレースメントマッチが必須

またアリーナモードのランクマッチをプレイする際にはプレースメントマッチというものを10試合行う必要があります。

いきなりレベルが異なるプレーヤーが混同しないための施策です。

これによってMMRとランクが決まり、実際にランクマッチが開催されていきます。

ここでは試合に勝つことだけが要求されるのでフレンドと一緒に対戦することをお勧めします。

シーズン終了でランクもリセットされる

実はバトルロワイアルモードとは違い、シーズンが終了するとランクがリセットされるようになっています。

スプリットでのランクリセットではないことを十分注意しましょう。

試合放棄するとペナルティあり

当然ですが、試合放棄するとペナルティが課されます。

特にマッチメイキングができなくなってしまいますので間違っても試合の放棄だけはNGです。

そして逆に、試合放棄をしたプレーヤーがランクマッチ内にいた場合APを獲得できる場合があります。

パーティ編成の制限あり

アリーナランクマッチではパーティ編成の制限があります。

具体的にはプラチナ以降で1ティア以上離れているメンバーがいる場合です。

この場合はランクアリーナのキューを入れることができないので十分注意しましょう。

1時間に1度マップがローテーションする

関連する記事