【APEX】ランク差グリッチとは?シーズン10の概要も紹介

シーズン10からエーペックスプレデターの参加人数が750人になりました。

今までは500人だったので1.5倍に人数が増加した計算です。

これは今までの待機時間を削減することを狙っての施策のようです。

ダイヤモンド以下のマッチング精度の向上

シーズン10からダイアモンド未満であれば、、自分のランク内でマッチング精度が向上しています。

今まではダイアモンドティアのダイブ軌道が獲得できるようになっていたので、ダイアモンドを目指してプレイしてみましょう。

負けても下位のティアに落ちない

そして、ランクマッチでは負けても下位のティアに落ちません。

一度でも昇格してしまえばそのティアのままランクマッチを継続することができます。

ソフトリセットでランクが1.5下がる

マップが変わるタイミングに自分のランクにリセットがかかります。

これで1.5個分のランクが下がってしまうので注意すべきです。

DOSで落ちてもRPが減らなくなる

APEXのプレイ中、DOSが来たことを検知する場合があります。

この場合は、RPが減らなくなるようになりました。

今までSNS上でも騒がれていたことなのでシーズン10からは対策がしっかりとされるようになりました。

敗北しても免除されることがある

実は敗北しても免除されることがあります。

条件としては、

  • パーティー以外の仲間に戦闘放棄された場合
  • 降下開始時に、3人同時で降下できなかった場合
  • 異常終了を検知した場合

です。

ランクリーグ報酬

ランクリーグ報酬は最高到達時のティアによって決まります。

現在公開されているランクリーグ報酬はありませんが、

  • バッジ
  • チャーム
  • 軌道

がランクリーグ報酬になることは間違いなさそうです。

【APEX】過去のシーズンのランク分布

関連する記事