Google Chrome Helperが重くなるのを防ぐ方法

Google Chrome Helperの動作を軽くする拡張機能の2つ目はThe Great Suspenderという拡張機能です。Google Chrome Helperの動作を軽くするのに使うことができるので、おすすめです。

The Great Suspenderの特徴

The Great Suspenderの特徴としては、使っていないタブを自動的に休止して、メモリが無駄に消費されることを防いでくれる便利な機能ですので、ぜひインストールしてみましょう。

https://chrome.google.com/webstore/detail/the-great-suspender/jaekigmcljkkalnicnjoafgfjoefkpeg

動作を軽くする拡張機能:③OneTab

Google Chrome Helperの動作を軽くするのにぴったりの拡張機能の3つ目はOneTabです。OneTabの特徴を紹介していくので、興味があるという人は見てみてください。

One Tabの特徴

OneTabは、開きすぎたタブを削除しないで、1つのタブにまとめられるというとても便利な拡張機能です。メモリを食うのを抑えることができながら、複数のタブをリスト化してくれるのです。

https://chrome.google.com/webstore/detail/onetab/chphlpgkkbolifaimnlloiipkdnihall?hl=ja

Google Chrome Helperの動作を軽くする方法:その2

Google Chrome Helperの動作を拡張機能を使わずに軽くする方法をいくつか紹介していきますので、Chromeの動作が重いと考えている人はぜひ対処法を試してみてください。

ブラウザを再起動する

Google Chrome Helperの動作を軽くしたいというときはブラウザの再起動をしてみてください。再起動をするとリセットされ、動作が軽くなる可能性が高いので試してみましょう。

拡張機能を見直す

Google Chrome Helperが重いときは、現在Chromeにある拡張機能を見直してみてください。しばらく使っていない拡張機能が、容量を食ってしまっている可能性があります。

使用しない拡張機能をオフにする

使用していない拡張機能はオフにしましょう。使用していない拡張機能が案外容量を食っていてChromeが重いということがありますので、長らく使っていない拡張機能は、オフにしてください。

タブを複数開かない

タブを複数開くことでChromeの動作が重くなってしまっているという可能性がありますので、タブは複数開かないようにしましょう。タブを複数開かないような拡張機能を使ってみてください。

ブックマークをできるだけ少なくする

Google Chrome Helperが重いときはブックマークをできるだけ少なくしてください。ブックマークが多いために、Chromeの動作が重くなる可能性があるので注意しましょう。

キャッシュを削除する

キャッシュを大量に残しているとChromeの動作が重くなっている可能性があります。キャッシュを削除してChromeの動作を軽くしてみましょう。キャッシュはこまめに削除してください。

まとめ