アプリケーション お役立ち(情報)

Chrome「この接続ではプライバシーが保護されません」の原因は?

Chromeブラウザでアクセスしたサイトに「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示されたことはないでしょうか。

「この接続ではプライバシーが保護されません」という注意が出る原因と回避する方法、解決方法について詳しくご紹介します。


「この接続ではプライバシーが保護されません」とは?

アクセス先のウェブサイトに「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示されてしまうと、危ないサイトにアクセスしてしまったのかと驚いたり不安になるかもしれません。

プライバシーが侵害されたのかなど、状況がわからないと思いますので、詳細を解説します。

表示されるのはchromeだけではない

スマホのChromeだけで「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示されるわけではありません。

Chrome以外の他のブラウザでは同じ現象でも、以下のような別のエラー表示が出るようになっています。

  • Mozilla Firefox→「安全な接続ではありません」
  • Microsoft Edge→「接続がプライベートではありません」
  • Safari→「接続はプライベートではありません」

上記のように「この接続ではプライバシーが保護されません」とは表記が少し違っていますが、同じ内容です。

「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示される原因

「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示されてしまう原因について、いくつかご紹介します。

この表示が出る原因はひとつに限らず、いくつかあります。

①ブラウザやOSに問題がある

ひとつ目は、利用しているOSやブラウザに問題があり、それが原因となっているケースです。

OSやブラウザの問題が起因となり「この接続ではプライバシーが保護されません」が表示されてしまっている場合は異なるOSやブラウザで試してみると解決することがあります。

②フリーWi-Fiを利用している

フリーWi-Fiの利用が原因で「この接続ではプライバシーが保護されません」という注意が出る場合があります。

カフェや空港などのフリーWi-Fiの利用規約に同意する前にhttpsサイトにアクセスしようとすると、「この接続ではプライバシーが保護されません」と表示されることがあります。

③スマホやPCに問題がある

次のページへ >