Google Chrome Helperが重くなるのを防ぐ方法

Google ChromeがHelperの影響で動作が重くなるというときは、拡張機能で軽くすることができます。なぜhelperの影響で重くなってしまうのか、そしてどうやって対処をすればいいのかを解説していきますので参考にしてください。

Google Chrome Helperのせいで動作が重くなる

Google Chrome Helperの影響で動作が重くなる問題を解決することはできるのでしょうか。Google Chrome Helperで動作が重くなる原因は一体何なのか、そして軽くするために拡張機能をあまり入れすぎないようにするとはどういうことなのかをそれぞれ解説していくので、Google Chrome Helperの動作が重くなるので困っている人は拡張機能を選んで軽くすることを意識しましょう。

操作をしやすくしよう

Google Chrome Helperの影響で動作が重くなる問題は解消することができます。Google Chrome Helperの影響で動作が重くなると操作が思い通りに出来ずイライラしてしまいます。動作が重くなることは作業の滞りの原因となりますので、Google Chrome Helperのせいで重くなるという問題は早急に解決しなければなりません。解決法などを紹介していきますので参考にしてください。

そもそもGoogle Chrome Helperとは

そもそもGoogle Chrome Helperとは、一体何なのでしょうか。Google Chrome Helperは、Google Chromeで使うことができる拡張機能をスムーズに取り込めるように手助け、つまりhelperしてくれるプログラムなのです。Google Chrome Helpeを使うことで、スムーズに拡張機能を取り入れて、Chromeをより使いやすくできるようになる便利なプログラムです。

拡張機能を使うと便利に使える

Google Chrome Helperが手助けしてくれる拡張機能とは何、という人もいるのではないでしょうか。現在のChromeの拡張機能でおすすめなのが、今使っているChromeにどのような拡張機能が入っているのかの名前とURLを、テキスト形式にしてくれる拡張機能です。拡張機能はGoogle Chromeを使う上でより便利に使えるようになるので、Helperを使ってスムーズにダウンロードしましょう。

Google Chrome Helperで動作が重くなるのはなぜ

?なぜ拡張機能をスムーズに取り入れてくれるGoogle Chrome Helperを使うと動作が重くなってしまうのでしょうか。Google Chrome Helperを使うことで重くなってしまう原因を確認する方法、タスクマネージャーを開いて確認する方法、メモリを多大に消費しているプロセスをどうすればいいのかの対処法を紹介していきますので、Google Chrome Helperで重いときは試してください。

対処法を確認しよう

Google Chrome Helperの影響でパソコンが重いときの対処法はいくつかありますので、1つずつ試してみましょう。Google Chrome Helperで重くなったままにしておくとストレスが溜まってしまいますので、問題を解消するために様々な対処法を試してみてください。そうすることでChromeの動作が軽くなってスムーズにChromeが使えるようになりますので、対処法は事前に確認しましょう。

動作が重くなる原因を確認する

Google Chrome Helpeを使っているときに重くなるのは何故だろうと考えるだけでは、問題は解決しません。Google Chrome Helperを使っているときに重くなる原因を探りましょう。原因を探って改善することでGoogle Chrome Helperを使っているときの重さを解消して、ストレスなくChromeを使うことができるようになりますので、重くなる原因を探ってみることが大事です。

解消する方法は2つ

Google Chrome Helperを使っているときに重くなってしまう原因を解消するには、2つのことを実践してみてください。タスクマネージャーを開くか、メモリを食っているプロセスを終了してみましょう。この2つのどちらかを試してみることで、Google Chrome Helperを使ってもChromeの動作を重くしないようにできる可能性がありますので、Chromeが重いという人は試してみてください。

タスクマネージャーを開く

Google Chrome Helperを使っているときにChromeが重いと感じたら、タスクマネージャーを開いてみましょう。タスクマネージャーの開き方はとても簡単です。Chromeでウェブサイトを開いて、右上の1番端を見てみてください。そこに、黒い点が縦に3つ並んでいるボタンがあります。その黒い点をクリックすると、新しいタブなどを開く項目が出てきます。下の方のその他のツールにカーソルを合わせます。

負荷をかけている拡張機能が分かる

その他のツールにカーソルを合わせると、タスクマネージャーという項目があります。そこをクリックすると、現在どのようなプログラムが1番負荷をかけているかが分かるのです。プログラムが今どれくらい負荷をかけているのかは大抵メガバイトで表されているので、メガバイトの数字が大きいプログラムが、1番Chromeに負荷をかけている拡張機能だということが分かるので、タスクマネージャーを開いて確認をしてみてください。

不要な拡張機能は削除する

タスクマネージャーは現在どのプログラムや拡張機能がChromeに負荷をかけているのか、どれくらいCPUを使っていて、メモリを使っているかを見ることができます。このタスクマネージャーを見て何の拡張機能が1番負荷をかけているのかを知ることで対応ができるようになります。1番負荷をかけている拡張機能が分かれば、その拡張機能は本当に必要な機能なのかを考え、不要な拡張機能はなるべく削除するようにしてください。

メモリを食っているプロセスを終了する

メモリを食っているプロセスを終了することもとても効果的です。特定のタブの動作が遅く、イライラしてしまうということはありませんか?そのときはそのタブを削除することが効果的ですので、ぜひやってみてください。タスクマネージャーを開いて、動作がカクカクしているタブを削除してください。タブを1回削除してから、もう1回そのタブを開いてみると、スムーズに動く可能性がありますので、ぜひ対処法を試してみてください。

動画サイトは重くなってしまう

特定のタブが遅くなってしまうのは、そのタブが容量が大きいからです。例えば、そのスムーズに動かないタブは、動画サイトなどが考えられます。動画サイトは再生しているときに、とても容量などを食ってしまうので、動作が重くなってしまうことがあるのです。動画サイトを開きながら作業をすることは、Chromeに多大な負荷をかけることになりますので、動画サイトではなく音楽アプリなどで音楽を聴きながら作業してください。

Google Chrome Helperの動作を軽くする方法:その1

Google Chrome Helperの動作を軽くする方法はあるのでしょうか。Google Chrome Helperの動作を軽くできる拡張機能というのがいくつかあるので、Google Chrome Helperを軽くできる拡張機能を紹介します。紹介した拡張機能は簡単にインストールすることができるので、Google Chrome Helperを使っていて動作を軽くしたいと考えている人は使ってみましょう。

動作を軽くする拡張機能:①TabMemFree

Google Chrome Helperの動作を軽くできる拡張機能の1つ目はTabMemFreeです。このTabMemFreeは、動作していないタブを自動で開放してくれるのでタブの節約をすることができるのです。タブをたくさん開いてしまってどうしてもGoogle Chrome Helperの動作が重くなってしまうという人はぜひTabMemFreeを使ってタブの節約をしながらChromeを軽くしましょう。

インストール方法

TabMemFreeのインストール方法を紹介していきます。Chrome Web Storeというサイトにアクセスしてください。サイトにアクセスできたら、左上に検索ボックスがあります。その検索ボックスにTabMemFreeと入力して検索をすると、TabMemFreeの拡張機能がヒットします。Chromeに追加というボタンをクリックすることでインストールすることができますので、ぜひインストールしましょう。

設定

TabMemFreeの設定の仕方を解説していきます。TabMemFreeのインストールが終わったら、Chromeの右上にある黒い点が縦に3つ並んでいるマークをクリックしてください。クリックするとオプションという項目がありますので、オプションでTabMemFreeの設定をすることができます。20分間と時間を設定した場合、20分間動きがないタブのメモリが自動的に解放されますので、時間を設定しましょう。

https://chrome.google.com/webstore/detail/tabmemfree/pdanbocphccpmidkhloklnlfplehiikb?hl=ja

動作を軽くする拡張機能:②The Great Suspender