【Google】デフォルトアカウントの仕組みや変更方法を解説

単一のGoogleアカウントしか持っていない場合はデフォルトアカウントの変更はできません。どうしても変更をしたいなら、新たなGoogleアカウントを作成してそのアカウントをデフォルトアカウントに設定するようにしましょう。

対処法③PCやスマホを再起動する

パソコンやスマホの不具合でデフォルトアカウントの変更ができないことがあります。パソコンやスマホの再起動は非常に簡単にできる上に有効な対処法なので行ってみましょう。

対処法④ログアウトして再ログインを試す

デフォルトアカウントの変更ができない場合、もう一度ログアウトしてデフォルトアカウントにしたいアカウントから再ログインしてみましょう。うまく反映できていないだけなら時間が解決してくれる可能性もあるので少し時間をおいてみるのもおすすめです。

対処法⑤キャッシュやCookieなどの削除

キャッシュやCookieの削除もデフォルトアカウントの変更ができない時に有効です。キャッシュやCookieを削除するとページを開く際に速度が遅くなる可能性も考えられますが、蓄積しすぎて動作不良を起こすこともあります。削除の手順は以下の通りです。

  • メニュー>設定>プライバシーとセキュリティ>閲覧履歴データの削除

対処法⑥アプリを再インストールする(スマホのみ)

デフォルトアカウントを変更できない場合、アプリを削除して再インストールするもの有効な対処法です。スマホの場合は簡単に削除して再インストールができるので試してみましょう。

Googleアカウントを複数所持するメリット

では、Googleアカウントを複数所持するメリットについて解説をしてきます。

メリット①用途の使い分けができる

Googleアカウントを複数持つ1番のメリットは、用途によって使い分けができる点です。何度か触れましたが、ビジネス用とプライベート用などがわかりやすい使い分けの用途です。

メリット②共有アカウントとして運用できる