Google Chromeが起動しない時の原因と対処法まとめ

皆さんはGoogle Chromeが起動しないときはどのように対処をしていますか?

実はGoogle Chromeが起動しない時の原因があり、それに対する対処法があります。

そこで今回はGoogle Chromeが起動しない時の原因と対処法をご紹介します。

Google Chromeが起動しない原因

ではGoogle Chromeが起動しない原因をご紹介します。

①すでにバックグラウンドで起動している

まずGoogle Chromeが起動しない原因はすでにバックグラウンドで起動しているからです。

Google Chromeがバックグラウンドで起動していると、新しくGoogle Chromeを開くことはできません。

新しくGoogle Chromeが開けない時は真っ先にバックグラウンドを確認してみましょう。

そのためバックグラウンドでGoogle Chromeが起動していないかどうかを判断するようにしましょう。

②ユーザープロファイルの破損

次のGoogle Chromeが起動しない原因はユーザープロファイルの破損です。

Google Chromeを起動するたびにユーザープロファイルの読み込みがなされます。

しかし、ユーザープロファイルが破損しているとGoogle Chromeがうまく起動できません。

そのためGoogle Chromeにおいてユーザープロファイルの破損を修正することは必要不可欠です。

③パソコンのメモリが不足している

次のGoogle Chromeが起動しない原因はパソコンのメモリが不足しているからです。

Google Chromeを起動するために必要なメモリはそこまで大容量ではありませんが、メモリの不足も原因の1つです。

そのためGoogle Chromeを起動するためのメモリくらいはPCに搭載しておくようにしましょう。

またGoogle Chromeを起動するためのメモリすらない場合は、他の操作に支障が出る場合があります。

USBメモリなどを購入してGoogle Chromeに必要なメモリ分を補うようにしましょう。

④他のソフトやアプリが影響している

次のGoogle Chromeが起動しない原因は他のソフトやアプリが影響しているからです。

Google Chromeにありがちなのですが、セキュリティソフトなどが影響していることがあります。

結果、Google Chromeの起動を邪魔してしまっていることがあります。

特にファイアウォールなどが原因でGoogle Chromeが起動できないこともありますので留意しましょう。

⑤Chromeで問題が起きている

次のGoogle Chromeが起動しない原因はChromeで問題が起きているからです。

Google Chromeでの問題としては

  • プロセス
  • システム
  • ユーザープロファイル
  • 拡張機能
  • アプリケーションファイル

などに問題が生じていることがあります。

⑥アクセス権限が正しくない(Macのみ)