Google Chromeのメモリを解放して使用量を抑える方法

Google Chromeのメモリ解放を定期的に行っていますか。Google Chromeを利用しているとメモリをどんどん蓄積されてしまう場合があります。Google Chromeのメモリを解放して使用量を抑える方法について紹介していきます。

Google Chromeがメモリを使う原因

みなさんはパソコンやスマートフォンやタブレットでGoogle Chromeを利用していますか。Google Chromeは政界でトップシェアのウェブブラウザになっています。しかしGoogle Chromeはメモリを多く利用されてしまうウェブブラウザとしても有名です。ここではパソコンやスマートフォンやタブレットでGoogle Chromeを利用していてメモリを多く利用してしまう原因についてチェックしていきましょう。

タブを開くたびに使うメモリ使用量が増える

まずGoogle Chromeでメモリを多く利用してしまう原因としてはGoogle Chromeのタブを多く利用している場合にパソコンやスマートフォンやタブレットでメモリを多く利用してしまうことがあります。Google Chromeのウェブブラウザはタブを多く開いて1つのデバイス上で多くのウェブ画面を表示できますが、その結果メモリを多く利用してしまうことがあります。

拡張機能を有効にするとメモリ使用量が増える

またGoogle Chromeの拡張機能をたくさんカスタマイズしているとパソコンやスマートフォンやタブレットでメモリをたくさん利用してしまうこともあります。Google Chromeでは拡張機能を活用してウェブブラウザをカスタマイズできるのですが、多くの拡張機能を有効化しているとメモリ使用量が多くなってしまうことがありますので、注意してください。

キャッシュが肥大化している

Google Chromeでメモリを多く利用してしまう原因としては、Google Chromeのキャッシュが多くちくせきされてしまい、メモリ使用量が多くなってしまうことです。Google Chromeのキャッシュデータとは、一時領域のことで1度アクセスしたウェブサイトのデータを一時的に蓄えておくことで、次回以降のアクセスを高速にさせることができます。

履歴が肥大化している

そしてGoogle Chromeの履歴情報がたくさんあることでもメモリ使用量が増えてしまうことがあります。Google Chromeの履歴情報が多くなってしまうとGoogle Chromeのメモリ利用が大きくなってしまい、履歴が一杯になってしまうことがあります。

ブックマークが肥大化している

またGoogle Chromeのブックマークが肥大化することでもGoogle Chromeのメモリ使用量が大きくなってしまうこともあることを知っていますか。履歴情報やキャッシュデータと同様でブックマークが肥大化してしまうことでGoogle Chromeで利用するとメモリが大きくなってしまうことがあります。なのでGoogle Chromeに蓄えられるデータは定期的にリフレッシュさせるようにしましょう。

Google Chromeのメモリ解放の方法