【Google】デフォルトアカウントの仕組みや変更方法を解説

Webにあるサービスの大多数は登録制でアカウント登録が必要です。ただ、Googleでは複数のアカウントを取得することも可能で、ログイン状況がわからなくなることもあります。この記事では、Googleのデフォルトアカウントについて紹介をしていきます。

【Googleアカウント】デフォルトアカウントの仕組み

まずはGoogleアカウントのデフォルトアカウントの仕組みから解説していきます。

最初にログインしたアカウントがデフォルトアカウント

Googleアカウントを取得するとYoutubeやChromeですでにログインをされた状態になっていることがあります。そのログインされているアカウントをデフォルトアカウントと言います。

複数アカウントを持っていると他のアカウントがデフォルトになっている

Googleアカウントを複数持っている場合、最初にログインしたアカウントがデフォルトアカウントとして認識されます。なので、例えばプライベート用のGoogleアカウントとビジネス用のGoogleアカウントを持っていた場合、勘違いで使っている可能性があります。

上記で説明した通り、基本的にはデフォルトアカウントは初めてログインをしたアカウントが登録されています。どの間違ったアカウントでGoogleのサービスを使っていると思わぬミスが発生することがあるので注意しましょう。

【Googleアカウント】デフォルトアカウントを変更する方法

では、Googleアカウントを変更する手順の解説に移っていきます。パソコンとスマホでは若干UIが違うので、それぞれの変更手順を紹介します。

パソコン版Chromeでデフォルトアカウントを変更する手順

では、パソコンでGoogleのデフォルトアカウントを変更する手順です。今回紹介する手順ではブラウザはChromeを使っています。他のブラウザだと若干違いがある場合もあるので注意してください。

  1. メニューバーのアイコンをクリックしてGoogleアカウントの管理ページにアクセスする
  2. Googleアカウントの管理ページ右上のアイコンをクリックする
  3. すべてのアカウントからログアウトするをクリック
  4. デフォルトアカウントにしたいアカウントから順番にログインする

Androidスマホでデフォルトアカウントを変更する手順

次にAndroidスマホのGoogleのデフォルトアカウントを変更する手順です。Androidではアカウントの変更をするとカレンダーなどのサービスにも影響を及ぼすので注意しましょう。

  1. 設定アプリを起動しアカウントをタップ
  2. Googleのアカウントにアクセスして全てログアウトする
  3. 設定のアカウントを開きアカウントを追加する
  4. デフォルトアカウントにしたいアカウントでログインする

iPhoneでデフォルトアカウントを変更する手順

関連する記事