iPhone7でSuicaを使う方法を徹底解説!定期券、オートチャージ、クレジットカードの設定方法も!

Suica アプリには、国内発行のほとんどすべてのクレジットカードを登録可能です。

VISA、JCB、Mastercard、アメックスといったブランドは問題なく登録することができます。

その他、カードに「VIEW」のロゴがあるものや、「 Suica 」のロゴがあるクレジットカードも登録可能で、これらのカードを利用すれば「オートチャージ」ができます。

Apple Payに登録できるクレジットカード

Apple Pay(ウォレットアプリ)でも、国内発行の多くのクレジットカードを登録することができます。

ただし、ダイナーズクラブVISAブランドの一部カードでは、Apple Payでの利用が不可となっているため注意が必要です。

Suica アプリに登録できない時の対処

Suica アプリを登録しようとしたら「Apple Payに接続できませんでした」というエラーメッセージが表示されました。対処法はありますか?

Suica を登録しようとしたら「Apple Payに接続できませんでした」というメッセージが出た場合、以下の対処法を試してみてください。

対処法

① iPhone の「設定アプリ」→「モバイル通信」をタップする

②「 Wallet 」アプリを探し、 Wallet アプリのモバイルデータ通信をONにする

Wallet アプリのモバイルデータ通信をONにすることで、問題なく Suica をApple Payに登録できるようになります。

【メリット解説】 iPhone 版 Suica の使い方

ここからは、 iPhone 版 Suica の使い方・使える場面を、メリットと織り交ぜながら解説していきます。

JR線と私鉄・地下鉄線のにまたがる区間の定期も作成できる

JR線と私鉄・地下鉄線(連絡会社線)にまたがる区間の定期券(連絡定期券)も、 iPhone 版 Suica を利用すれば、一つにまとめることができます

定期券やカードが増えることもなく、 iPhone 1台で完結するので非常に便利です。

連絡定期券の発売範囲については、「連絡定期券の発売範囲」をご覧ください。

ちなみに、JR線以外の鉄道会社線「のみ」の定期券購入には対応していないので注意です。

Apple Watchでも使える

Apple Watchに Suica を登録しておけば、Apple Watchだけでも改札を通過して電車に乗ったり、 Suica で支払いをしたりすることができます。

  Apple Watchの機能一覧と使い方!基本から活用法まで

首都圏バスでの「バス特」も適用

iPhone 版 Suica では、「バス特」も適用されます。

「バス特」とは、1か月間(毎月1日~末日)の Suica でのバス利用額に応じて、「特典バスチケット」が Suica 内に付与されるサービスのことです。

「特典バスチケット」は、バス運賃の支払い時に利用することができます

対象のバスで、 Suica を使ってバス運賃を支払った際に、支払額1円ごとに「1バスポイント」が記録されます。
そして、「1000バスポイント」ごとに、 Suica 内に「特典バスチケット100円~330円分」が付与されます。

1か月間の支払い額累計特典バスチケット
付与額
1000円100円
2000円
3000円160円
4000円
5000円330円
6000円170円
7000円180円
8000円
9000円
10000円

1か月間で支払い累計額が10000円に達すると、「1740円分(累計額)の特典バスチケット」を来月のバス運賃支払いで利用することができます。

バス特が利用できるバスは、

  • 東京都交通局(都営バス・都電)
  • 江ノ電バス横浜
  • 小田急バス
  • 京王電鉄バス
  • 京成バス

など、たくさんあります。
「バス特について」や「バス特を利用できるバス」について詳しく知りたい方は、「Pasmo-バスでのご利用方法」をご覧ください。

ポイントで買い物ができる

コメントを残す