Apple Watchの機能一覧と使い方!基本から活用法まで

この記事は約 14 分で読むことができます。

Apple Watchは便利そうだけど、どんな機能があるのか詳しく知らないという人は多いのでは?!今回の記事では、これから購入する人、すでに購入した人にも役立つ、Apple Watchの便利な使い方・裏技・便利機能を24コ紹介していきます。

この記事の目次

Apple Watchにできること

 Apple Watchの基本的な機能はこんなもの!
  • iPhoneとデータを共有する
  • 電話をかける
  • メールを確認&返信する
  • 音楽を再生する
  • 支払いをする
  • アプリを使う
  • Siri機能を使う

iPhoneとデータを共有する

写真や音楽、トレーニングの記録など様々なデータをiPhoneと共有することができます。

電話をかける

iPhoneにかかってきた電話をApple Watchで応答したり、Apple Watchから電話をかけたりすることができます。

メールを確認&返信する

iPhoneに登録してあるメールアドレスに届いたメールの確認、返信をすることができます。

音楽を再生する

Apple Watchに保存した曲やApple Musicのライブラリに含まれている曲を、Bluetoothイヤホンを使って再生することができます。

支払いをする

Apple Watchに登録したSuicaやクレカ(iD決済もしくはQuick Payに対応しているもの)を使ってお支払いをすることができます。

アプリを使う

Apple Watch対応のアプリをAppStoreからダウンロードして使うことができます。

ただしiPhoneのWatchアプリから操作を行う必要があります。

Siri機能を使う

Siriを使って様々なお願いをすることが可能です。

「3分後に教えて」などのタイマー機能はもちろん、「〜に電話」「今日の天気」「曲をかけて」など様々な機能にアクセスすることができます。

Apple Watchの必須機能6選

Apple Watchで電話をかける

設定方法:電話アプリ > 『連絡先』または『履歴』から相手をタップ

Apple Watchの電話アプリを起動すると、履歴や連絡先から電話をかけたり、キーパッドで電話番号を打って電話をかけることができます。

series2以前は近くにiPhoneがないと電話ができませんが、series3以降のLTEモデルであればiPhoneなしでも電話ができます。

 

Apple Watchから操作した場合、音声はApple Watchから流れるのでBluetoothイヤホンがあったほうが聞こえやすく便利です。

電話,apple watch,,使い方,操作

Apple WatchでLINEをみる・返信する

設定方法:LINEアプリ>『トーク履歴を確認』または『右にスライドでマイQRコードを表示』

iPhoneのLINEに届いたメッセージはApple Watchに通知され、内容を確認、返信することができます。

返信は音声認識機能を使います。

Apple Watch内のLINEアプリはメッセージの確認、返信しかできず通話はできません。

また自分のQRコードを表示させることもできます。

LINE,apple watch,,使い方,操作

Apple Watchでメールに返信する

設定方法:メールアプリ>届いたメールをタップして下までスクロール、『返信』をタップ

iPhoneに登録してあるメールアカウントに届いたメールの内容を確認することができます。

複数アカウントを登録してある場合にはアカウントの切り替えもできます。

返信は音声認識で行います。

メール,返信,apple watch,,使い方,操作

Apple Watchでスケジュールを確認する

設定方法:カレンダーアプリをタップ>スクロールで予定一覧を確認

設定方法:リマインダーアプリ>スクロールでタスク一覧

リマインダーやカレンダーに登録した予定を確認できるだけでなく、通知で知らせてくれる機能があります。

予定の登録はiPhoneのものが反映されますが、Apple WatchのSiriから追加することも可能です。

スケジュール,カレンダー,apple watch,,使い方,操作

Apple Watchで現在地を確認する

設定方法:マップアプリをタップ>『検索』『位置情報』または『履歴』から現在位置確認、もしくはナビ

Apple Watch内のマップアプリを使うと、現在位置を確認したり場所を検索したりすることができます。

履歴などからも目的の場所を探すことができ、目的地までのナビ機能も搭載しています。

ナビ機能では曲がるタイミングでApple Watchがバイブレーションでお知らせしてくれますので、曲がるタイミングを見失わずにすみます。

現在地,apple watch,,使い方,操作

Apple Watchにアプリのダウンロードをする

設定方法:iPhoneのWatchアプリをタップ>『AppStore』からダウンロード

Apple Watchは専用のアプリをダウンロードすることができます。

ダウンロードするにはiPhoneが必要で、『Watchアプリ』内のAppStoreからダウンロードすることができます。

apple watch,,使い方,操作,アプリ

Apple Watchの便利機能6選

Apple WatchのSiriでタイマーをセットする

設定方法:「Hey,Siri」とApple Watchに話しかける>Siriが起動したら時間を指定する

Digital Crownを長押し、もしくは「Hey,Siri」と呼びかけることでApple WatchのSiriを起動させることができます。

起動したSiriに「10分後に起こして」「3分後に教えて」などと頼むとタイマーをセットしてくれます。

たまにジョークも交えてくれますよ。

apple watch,,使い方,操作,siri,タイマー

Apple Watchで自分のiPhoneを探す

設定方法:文字盤画面でしたからスワイプ>『iPhoneを探すマーク』をタップ

Apple Watchの文字盤画面を下から上にスワイプするとiPhoneのコントロールセンターに似た画面が出てきます。

その中のiPhoneのアイコンをタップするとiPhoneから「ピーン」という音が鳴るので、どこにあるか探すことができます。

apple watch,,使い方,操作,iphoneを探す

Apple Watchをライトとして使う

設定方法:文字盤画面でしたからスワイプ>『懐中電灯マーク』をタップ

Apple Watchの文字盤画面を下から上にスワイプするとiPhoneのコントロールセンターに似た画面が出てきます。

その中の懐中電灯のアイコンをタップするとApple Watchを懐中電灯がわりに使うことができます。

光らせ方も『通常』『点滅』『緊急(赤色)』の3種類から選ぶことができます。

apple watch,,使い方,操作,ライト

Apple Watchに保存した音楽を再生する

設定方法:ミュージックアプリをタップ>スライドで『アルバム』もしくは『プレイリスト』をタップ

iPhoneのWatchアプリを通してApple Watchに保存した曲は、Bluetoothイヤホンをペアリングすることで再生することができます。

シリーズ3以降であれば単体でApple Musicのライブラリにアクセスできるようになりました。

apple watch,,使い方,操作,音楽

Apple Watchを置き時計として使う

設定方法:充電しながらApple Watchを置く

Apple Watchを充電しているときに横に立てると、ナイトスタンドモードに入ります。

これは置き時計のような機能で、寝ているときにも操作をせずに時間が確認できるようになります。

apple watch,,使い方,操作,時計

Apple Watchをリモコンとして使う

設定方法:カメラアプリをタップ>シャッターもしくは『3s』をタップ

Apple WatchはiPhoneの様々な機能を遠隔操作することができます。

iPhoneで音楽を再生していればリモコン機能が起動し、iPhoneがカメラアプリを起動するとシャッター機能が起動します。

iPhoneでKeynoteを起動すると、ページのスキップなどもApple Watchで操作できるのでプレゼンなどで活躍させることができます。

apple watch,,使い方,操作,リモコン

Apple Watchの支払い機能6選

Apple WatchでJRや地下鉄、バスに乗る

設定方法:パスコードを解除した状態でSuicaにかざす

Apple Watchに登録してあるSuicaを使って改札を通ったり、Suica対応の自販機で買い物ができます。

このとき操作は必要なく、ただかざすだけ。

パスコードを解除しないとかざしても反応しないので、セキュリティーもバッチリです。

apple watch,,使い方,操作,suica

Apple Watchをクレジットカードとして使う

設定方法:サイドボタンを2回クリックしてからかざす

iPhoneのWalletに登録してあるクレカはApple Watchに転送して使うことができます。

使用するにはSuicaとは異なり、サイドボタンを二回押すという操作が必要です。

登録できるクレカはQuickPayやiDの決済に対応したクレカである必要があります。

VISAは登録できません。

apple watch,,使い方,操作,クレジットカード

Apple Watchで飛行機に搭乗する

設定方法:チケット予約確認ページからiPhoneのWalletに転送後、Apple WatchのWalletに転送

購入した航空会社の搭乗券がもし、Walletに対応していればApple WatchのWalletに転送することができます。

便や搭乗日時などを確認でき、搭乗に際して必要となるQRコードも表示させることができます。

apple watch,,使い方,操作,チケット

Apple Watchでタクシーに乗る

設定方法:パスコードを解除した状態でSuicaにかざす、もしくはサイドボタンを2回クリックしてからかざす

Apple Payに対応したタクシーになら、Apple Watchさえあれば乗ることができます。

Suica決済かiD、もしくはQuickPayでの決済になります。

もっとも東京や大阪などの都市部でも徐々にApple Payに対応したタクシーが出てきたくらいですので、地方ではまだまだ見ることはないでしょう。

apple watch,,使い方,操作,タクシー

Apple Watchを使ってスタバでコーヒーを買う

設定方法:パスコードを解除した状態でSuicaにかざす

駅や繁華街に点在するスターバックス。

Apple Payに対応している店舗が多く、Apple Watchをかざすだけでコーヒーを購入することができます。

ただ、AppStoreにあるスターバックスのアプリがApple Payに対応していないため、Apple Watchにも対応していません。

つまりApple Payでの購入はできますが、ポイントが溜まったりすることはないということです。

apple watch,,使い方,操作,スタバ

Apple Watchを使って映画館でチケットをゲットする

設定方法:チケット予約確認ページからiPhoneのWalletに転送後、Apple WatchのWalletに転送

映画のチケットを手に入れた時もApple Watchは大活躍します。

Safariでチケットの購入をすませると、Wallet(もしくはPassbook)に保存というボタンが表示される場合は、Apple Watchに購入情報を転送することが可能です。

あとは映画館に行き、券売機にかざすだけ。

予約も入場もスマートに行うことができます。

Apple Watchのヘルスケア機能6選

Apple Watchで一日の歩数をチェックする

設定方法:アクテビティアプリをタップ>Digital Crownを回す。

Apple Watchはつけているだけで、あなたの歩数をカウントしてくれます。

特別な操作は何も必要ありません。

歩数を確認したいときは、アクティビティappを起動し、Digital Crownを回します。

iPhoneのヘルスケアアプリから確認できます。

Apple Watchは記録した情報をリアルタイムでiPhoneに転送しているので、気になった時、歩数を瞬時に確認できます。

apple watch,,使い方,操作,万歩計

Apple Watchで1日の消費カロリーをチェックする

設定方法:アクテビティアプリをタップ>Digital Crownを回す。

歩数と同じように、その日の消費エネルギーもカウントしてくれます。

こちらも特別な操作は必要ありませんが、ジムや日課のランニングなどでワークアウトアプリを使用したなら、もっと正確なカロリー計算をしてくれます。

こちらもアクティビティappを起動し、Digital Crownを回すか、iPhoneのヘルスケアアプリから確認することができます。

iPhoneではエクササイズ時間や上がった階段の回数、ウォーキングなど様々な種類に項目が分類されているので自分にどんな運動が足りていないのか一目で確認することができます。

apple watch,,使い方,操作,消費カロリー

Apple Watchで睡眠の質をチェックする

設定方法:AutoSleepアプリをタップ>初期設定を済ませておく

Auto Sleepというアプリを使えば、自分の睡眠の質をチェックすることができます。

使い方は簡単で、初期設定を済ませたらApple Watchを腕につけて寝るだけ。

制度は恐ろしく高く、睡眠時間だけでなく心拍数や睡眠の深さ、寝相などの動きも検知し記録します。

iPhoneから簡単に確認することができ、自分の睡眠をよりよく改善することができます。

このアプリは純正ではないため、Apple Watch用AppStoreから入手しましょう。

Apple Watchで目覚ましをセットする

設定方法:アラームアプリをタップ>『アラームをオンにする』、『アラームをタップして時間を変更する』

設定方法:『アラームを追加』をタップ

Apple Watchのアラームアプリを使うと、指定した時間に起こしてくれます。

時間の指定の仕方は直接アラームアプリを開いて指定してもいいですし、Siriにお願いして追加することもできます。

起こし方は優しく、無音かつバイブレーションで起こしてくれるため、静かに、そして快適に起きることができます。

タイマーアプリも同様の知らせ方をしてくれるため、こちらは仮眠などにも使うことができます。

 apple watch,,使い方,操作,アラーム

Apple Watchで運動不足を予防する

設定方法:アクテビティアプリをタップ>フォースタッチでゴールを設定

Apple Watchはあなたの健康をとことんサポートしてくれます。

1時間以上座り続けると、Apple Watchが立つように促してくれます。

1分以上立ち、体を動かしたことを感知すると、アクテビティappのリングに加算されます。

また、Apple Watch内のアクテビティアプリを起動して、強めに押すとムーブゴール(1日の目標消費カロリー)を設定できます。

設定した目標を達成できるように、体を動かしましょう。

apple watch,使い方,操作,健康

Apple Watchで体重を記録する

設定方法:タニタのApple Watch対応体重計を使用する。専用のアプリから操作。

Apple Watchに対応した体重計があることをご存知でしょうか?

体重計で有名なタニタは、wifi経由でiPhoneにデータを転送してくれる体重計を販売しています。

Apple Watch専用のアプリもあり、転送されたデータを腕の上ですぐに確認することもできます。

ワークアウトなどのエクササイズに加え、体重などのデータも一緒に確認するとダイエットや運動不足解消は大きく改善されるでしょうね。

Apple Watch機能と操作一覧

機能一覧操作方法
電話をかける

電話アプリ > 『連絡先』または『履歴』から相手をタップ

LINEをみる、返信する

LINEアプリ>『トーク履歴を確認』または『右にスライドでマイQRコードを表示』

メールの返信をするメールアプリ>届いたメールをタップして下までスクロール、『返信』をタップ
スケジュール確認
  • カレンダーアプリをタップ>スクロールで予定一覧を確認
  • リマインダーアプリ>スクロールでタスク一覧
現在地確認マップアプリをタップ>『検索』『位置情報』または『履歴』から現在位置確認、もしくはナビ
アプリのダウンロードiPhoneのWatchアプリをタップ>『AppStore』からダウンロード
Siriでタイマーセット「Hey,Siri」とApple Watchに話しかける>Siriが起動したら時間を指定する
iPhoneを探す文字盤画面でしたからスワイプ>『iPhoneを探すマーク』をタップ
ライトとして使う文字盤画面でしたからスワイプ>『懐中電灯マーク』をタップ
音楽を再生するミュージックアプリをタップ>スライドで『アルバム』もしくは『プレイリスト』をタップ
置き時計として使う充電しながらApple Watchを置く
リモコンとして使う

カメラアプリをタップ>シャッターもしくは『3s』をタップ

JRや地下鉄、バスに乗るパスコードを解除した状態でSuicaにかざす
クレカとして使うサイドボタンを2回クリックしてからかざす
飛行機に乗るチケット予約確認ページからiPhoneのWalletに転送後、Apple WatchのWalletに転送
タクシーに乗るパスコードを解除した状態でSuicaにかざす、もしくはサイドボタンを2回クリックしてからかざす
スタバで買い物をするパスコードを解除した状態でSuicaにかざす、もしくはサイドボタンを2回クリックしてからかざす
映画館でチケットをゲットするチケット予約確認ページからiPhoneのWalletに転送後、Apple WatchのWalletに転送
1日の歩数をチェックするアクテビティアプリをタップ>Digital Crownを回す。
1日の消費カロリーを確認するアクテビティアプリをタップ>Digital Crownを回す。  
睡眠の質チェックAutoSleepアプリをタップ>初期設定を済ませておく
目覚ましセットアラームアプリをタップ>『アラームをオンにする』、『アラームをタップして時間を変更する』、もしくは『アラームを追加』をタップ
運動不足を予防するアクテビティアプリをタップ>フォースタッチでゴールを設定
体重を記録する

 タニタのApple Watch対応体重計を使用する。専用のアプリから操作。

 

Apple Watchはネットで買える!

iPhoneと連動し、ユーザーの生活をかなり便利に、そして健康的にしてくれるApple Watch。

実はApple Storeや家電量販店に行かなくても、インターネットから購入することができます。

とは言っても、やはり腕の太さに合うかどうかやデザインなどは実際に試着して見ないとわかりません

一度は試着してから購入するようにしましょう。

Apple Watch – 78,675円

【関連記事一覧】

--PR--
Appleが遂にiPhone8/Plusを正式に発表!
公式サイトau▶︎予約docomo01 ▶︎予約softbank01 ▶︎予約
予約開始日9月15日 16:01~
発売日9月22日
容量64GB/256GB
カラースペースグレイ,ゴールド,シルバー
新機能A11プロセッサ,誘導型ワイヤレス充電,ARアプリ,広角・望遠カメラ,3D顔認証
スペック詳細基本スペック比較
iphone8 バナー 発売日
▶︎iPhone8の発売発表日・予約開始日はいつ?


▶︎聞いてはいけないSiriの怖い話

iphone8 バナー スペック
▶︎iPhone8の新機能・スペックを公開!


▶︎iPhone小技特集はこちら


▶︎10億回再生のウザいオレンジ動画が面白い!


▶︎【iPhone×LINE】旦那の浮気シリーズ

コメントを残す