iPhone&iPadのマイクが壊れた?音が聞こえない時の対処法をご紹介

iPhoneやiPadでLINEや電話アプリで通話押していると、「音が遠い」「聞こえない」と言われることがあります。そんな時は焦らず、ここで紹介する対処法を試してみてください。代替案としておすすめの外付けのマイクもご紹介します。

iPhone/iPadのマイクが壊れたかどうかのチェック

通話をしていて通話相手から「声が聞こえない」とか「声が遠い」と言われると「故障かな?」って思いますよね。確かにマイク自体の故障というケースも多々ありますが、実は簡単なトラブルシューティングで解決できる場合もあります。ここでは順を追って、場合分けしながら対応策を解説していきます。

電話アプリ/FaceTimeで通話している相手に自分の声が聞こえない時

通話をしていて通話相手からこちらの「声が聞こえない・声が遠い」と言われた時の対処法です。まず疑えるのが「物理的にマイクが音を拾うことを妨害していないか」です。この場合、マイクと音源との間に何か障害物があり、マイクがうまく音を拾えない状況です。

例えばマイクにゴミが詰まっていたり、マイク自体を手のひらで塞いでしまっていたり。もしくはiPhoneやiPadのケースがマイク穴を塞いでしまっていたり。この場合はマイクの掃除、通話している時の持ち方の確認、ケースを外してみる、フィルムを外してみる、これらを試してみてください。

  • マイクの掃除
  • 通話している時の持ち方の確認
  • ケースを外してみる
  • フィルムを外してみる

もしこれでも解決しない場合は、以下の方法を試してみてください。

  1. ボイスメモアプリを開く
  2. 録音を開始し、iPhone、またはiPadの中央から下に向けて話して、録音を終了する
  3. 録音がきちんとされているか、音質はどうかをチェック

録音されていない、音質が悪い場合は『ソフトウェアに問題がある場合のトラブルシューティング』に進んでください。

スピーカーフォンで通話している相手にこちらの声が聞こえない場合

LINE 自分で消した

この場合、iPhone上部に設置されているマイクの異常を疑います。そこで、まずは簡単なトラブルシューティングから始めましょう。

  1. カメラアプリを開く
  2. iPhoneの中央より上部に向けて話しかけながら動画を撮影
  3. カメラを切り替えつつ動画を同様に撮影

録音されていない、音質が悪い場合は『ソフトウェアに問題がある場合のトラブルシューティング』に進んでください。

アプリによってマイクが反応しない時

LINE 引き継ぎ 失敗

使用するアプリによってマイクが反応したりしなかったりする場合は、以下の方法を試してみましょう。

  1. 歯車のマークの「設定」>「プライバシー」>「マイク」へと進む
  2. 問題となるアプリがオン(緑色)になっているかを確認

オンになっていなければオンに、もしその画面に問題のアプリがない場合にはアプリのデベロッパに連絡しましょう。デベロッパへの連絡はApp Storeの中で右上のアイコン写真をタップし、「購入済み」からそのアプリのページの中の「Appサポート」へと進むと、開発元へ連絡が取れます。

もし、「そのアプリでなければダメ!」という特別な事情がないならば、アプリの乗り換えも有効な手段です。

ソフトウェアに問題がある場合のトラブルシューティング

LINE 友達リスト削除

本体内部の以上に切り分けられた場合、残るはソフトウェアの問題/ハードウェアの問題の2通り。ここでは前者だった場合を想定してトラブルシューティングを行い、それで状況が改善するかどうかを検証しましょう。

具体的な手順は以下になります。手順を進めながら、こまめに状況が改善したかどうかをチェックしましょう。細かなやり方はリンク先記事を参照してください。

  1. 本体の再起動
  2. ソフトウェアアップデートして最新バージョンのiOSにする
  3. 本体の復元

もしこれで改善が見られなかった場合は、本体のハードウェアの故障の可能性がかなり高いので、Appleサポートに連絡しましょう。

イヤホンに内蔵されているマイクを使ってみては?

状況が改善しない、本体トラブルの可能性が高い場合、問題の根本解決のためには修理が必要になります、ところが修理の場合1週間近く手元からiPhoneが離れてしまうことがあります。また、エクスプレス交換サービスを利用しても、データの引き継ぎが面倒ですよね。そんな時にはiPhone購入時に付属されているイヤホン(EarPods)やAirPodsを使って通話してみましょう。それで通話できるのであれば急場はしのげるはずです。

解決しない場合はApple サポートに連絡を!

Apple サポート

ここまできて状況が好転しないのであればプロの力を借りましょう。

Appleサポートはこちら!

外付けのマイクを使ってみる

iPhoneやiPadのマイクが異常をきたしている時、特に録音や撮影をしたい場合には、外付けのマイクを利用すると状況が好転するかもしれません。下記記事では外付けマイクの選び方や、おすすめの外付けマイクを紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。
iPhone&iPad対応のおすすめ外付けマイク6選!動画の撮影から会議の録音まで使えるアイテムをご紹介

まとめ

iPhone,アプリ,App

iPhoneやiPadはあらゆる機能が詰まっていますが、マイクの異常はその核となる通話機能に支障をきたします。今回紹介したトラブルシューティングを上から順にトライしていただければ、効率的に事態の収拾に向かうはずです。ぜひ試してみてください。

コメントを残す