iPodに音楽を同期できない?出やすいエラーと対処法を徹底解説!

iTunesに同期したiPodのデータ内容が、すべて「その他」になってしまうという事例があります。

これはiTunesに何らかの不具合が生じた結果起きるトラブルと考えられます。

一度iTunesを閉じ、パソコンを再起動してみましょう。
また、お使いのiTunesが最新バージョンになっているかも確認してみてください。

同期が終わらない

時折、同期が終わらないというトラブルが発生することがあります。

この場合、まず「iTunes」が最新バージョンになっているか確認しましょう。

iTunesが最新バージョンにも関わらず同期が終わらない場合は、iTunesを一度アンインストールし、再びパソコン内にインストールしてみてください。

その他、iPodを再起動したり、使用しているUSBケーブルを変えることで改善されることがあります。

  【知らなきゃ損!】iTunesの同期が遅い原因と対処方法とは?

古いiPod(Classicなど)でどうしても同期できない時の対処

古いiPodを使ってiTunesと同期できない場合は、表示されたエラー番号などをメモしておいて、「iTunesサポート」でどのような不具合が生じているのか確認してみましょう。

  iTunesとiPhoneを同期する方法!同期できない、曲が認識できずに消える原因など!

まとめ

今回は、「iTunesがiPodを認識してくれなくて同期ができない」というトラブルに対する対処法についてまとめてきました。

当記事でも紹介しているように、まずは「簡易的な対処法」を試してみましょう。
多くの場合、ソフトウェアのアップデートやデバイスの再起動によって問題を解決できます。

トラブルが発生しても、焦る必要はなく、当記事を参考に適切な対処を行ってください!

コメントを残す