【ライン】トークのバックアップ方法と引き継ぎをする手順の解説

アルバムのほかにKeepという機能があります。

テキストや画像、リンクやファイルなどを保存することができるKeep。

グループだけでなく個人的に残しておきたいデータをラインアプリ上に保存することができます。

アルバム同様引き継ぎさえ行えればKeepのデータを移行させることができます。

Keepの使い方は

  1. 保存したいメッセージや画像、動画を長押しして「Keep」をタップ
  2. 保存したいメッセージや画像、動画を選択し「保存」をタップ

でOK。

これでアルバム同様Keepに保存することができました。

【ライン】機種変更時に引き継ぐ準備

ではラインを機種変更時に引き継ぐ準備をしていきましょう。

準備①アプリのアップデート

まずはラインアプリをアップデートしておきましょう。

元のスマホと新しいスマホのラインのバージョンが異なると、機種変更でアカウントを引き継ぐことができません。

そのため元のスマホにインストールされているラインのバージョンが最新かどうかをチェックしましょう。

もし古いバージョンであればアップデートしておきましょう。

準備②アカウント設定を済ませる

次にラインのアカウント設定を完了させておきましょう。

ラインに登録している

  • パスワード
  • 電話番号
  • メールアドレス

はメモを取っておきましょう。

万が一未登録の場合は、機種変更前にアカウント設定を済ませておきましょう。

アカウント設定をするには

  1. ラインの設定メニューを開く
  2. 「アカウント」を開く

でOK。

ここで設定状況を確認することができます。

準備③トークのバックアップを作成する

次は先ほどの手順でラインのトークのバックアップを取っておきましょう。

バックアップを取っておくにはOSが違えば方法も異なります。

OSが同じの場合であれば

  1. ラインの設定から「トーク」→「トークのバックアップ」をタップ
  2. 「今すぐバックアップ」をタップ

でOK。

異なるOSであれば

  1. 保存したいトークの右下のメニューアイコンをタップ
  2. 「トーク履歴を送信」をタップ
  3. 保存したいファイルアプリを選択

でOK。

準備④トークルームの写真を保存する

もしバックアップがうまくいっていないとトークの履歴が全て削除されてしまいます。

そのため万が一のことを考えてトークルームの写真を保存しておきましょう。

ただ

  • アルバム
  • Keep

のいずれかに保存していれば引継ぎが可能です。

準備⑤準備が完了したら”アカウント引き継ぎ”をタップ

後は準備が完了すれば機種変更をするときにラインの設定画面から「アカウント引継ぎ」をタップしましょう。

引継ぎができるのはONにしてから36時間以内です。

【ライン】機種変更後のスマホに引き継ぐ方法