iOS 15、iPhone13、新型MacBook Pro 最新情報まとめ!

ミニLED部品の不足が、デザインを一新した14インチと16インチのMacBook Proの生産を遅らせる原因になっていると、DigiTimesが本日公開したレポートで報じています。

16インチのMacBook Pro M2レンダリング

DigiTimesの昨日の報道によると、デザインを一新したAppleのシリコン製MacBook Prosの出荷が第3四半期に開始されると予測されているとそうです。本日公開されたレポートでは、Appleはこの新しいMacBook Prosを2021年の第2四半期に生産する予定でしたが、ミニLEDディスプレイ部品の不足により、次の四半期に延期せざるを得なくなりました。

16 inch macbook pro m2 render

これによると、Appleは当初、この2つのノートパソコンを第2四半期に量産することを計画していましたが、miniLEDモジュールの歩留まり率が予想よりも弱かったため、スケジュールを延期したことを明らかにしました。

新型MacBook Pro 発売はいつ?!

Appleは先日、年次世界開発者会議(Worldwide Developers Conference)の基調講演を行いましたが、新しいMacBook Proが発表されるのではないかという一部の噂にもかかわらず、このイベントではハードウェアはまったく発表されませんでした。信頼できるBloombergのジャーナリストであるMark Gurman氏は、新しいMacBook Proについて、早ければ今年の初夏に発売される可能性があると伝えています。

デザインを一新したMacBook Proは、14インチと16インチの2種類のサイズがあり、今年11月に発表された「M1」よりも性能とエネルギー効率を向上させたApple製シリコンチップを搭載すると予想されています。また、Touch Barの廃止、よりスクエアなエッジ、M1 12.9インチiPad Proに搭載されたミニLEDディスプレイの採用など、デザインも一新されます。

【iPhone13】フルワイヤレス充電の噂?!

iPhone13の噂の一つに、「Lightning端子が廃止される」というものがあります。Lightning端子の廃止に伴い、充電がワイヤレスになるのはもちろん、イヤホンも有線のものは使えなくなります。そこでAirPodsの購入を促進したいのではないか、という考察もあります。また、PCやMacと有線で接続することができなくなるため、不便になるのではないか、とも考えられます。もし実現する場合には、何かしら代わりになるワイヤレスのものも用意されるでしょう。発展には課題が伴うため、より使いやすい製品が完成することを期待したいですね!

まとめ

WWDC21にて、新たな発表があったiOS15の新情報はもちろん、これから発売されるであろうiPhoneシリーズ・MacBookシリーズの新製品についての情報などをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?まだ正式な発表はされていませんが、カメラ機能やディスプレイ、性能など、非常に期待できそうです。どんどん進化していくAppleのこれからの開発、楽しみにしましょう。

Source:MacRumors