新型MacBook ProがWWDCで発表とプロッサー氏がリーク!

新型MacBook ProモデルがWWDC21(世界開発者会議)で発表されると確認されました。これは、Apple社の計画予測に関しては実績を持つリーカーのジョン・プロッサー氏によるものです。

著名リーカーのジョン・プロッサー氏がTwitterに示唆!

実績あるリーカーとして知られるプロッサー氏は、Twitter上で14インチと16インチの新しいMacBook Proモデルが「WWDC21(世界開発者会議)」(注1)発表されることをSNSで示唆しました。

新型MacBook Proは、2016年以来、MacBook Proのラインナップを抜本的に再設計するモデルになるとのことです。

注1:WWDCとは、Apple Worldwide Developers Conferenceの略称で、日本語訳は「世界開発者会議」。Apple社が毎年開催している開発者向けの重大イベントのこと。

新型MacBook Proの仕様予想!

Apple社は、MagSafeポートの再導入を計画しており、2021年のMacBook Proモデルには、Thunderbolt/USB-Cポート3つに加えて、HDMIポートとSDカードリーダーを搭載し、複数のカラーオプションが可能になるとのことです。

次期Appleシリコンチップ「M1X」が搭載?

また、Touch Barは搭載されず、従来のファンクションキーの列に戻り、アップグレードされたApple製シリコンチップ「M1X」が搭載されるとの噂があります。

Bloomberg(アメリカの大手総合情報サービス会社)は、新しいMacBook Proモデルが、8つの高性能コアと2つのエネルギー効率の高いコアを持つ10コアのAppleシリコンチップを搭載し、16コアまたは32コアのGPUオプションを備え、最大64GBのRAMをサポートすると述べています。

フォーク&ナイフ、眠りのZ、MacBookの絵文字!?

アップル社は、約2週間後に開催される今年の世界開発者会議に先立ち、「WWDC21」の画像を公開しましたが、その中にヒントがあるとの指摘もあるようです。

画像のキャラクターの目の反射に隠されているのは、ユニコード名で参照される3つの絵文字なのです。

フォークとナイフ、眠りの「Z」、そしてMacBookの絵文字が表示されているのは、この夏に新しいMacBook Proモデルが発売されるという噂の「匂わせ」だと言うのです。Apple社は、イベントのマーケティング資料の中で、今後の発表に関する微妙なヒントを残すことでよく知られています。

(引用:APPLE TRACK

まとめ

他の情報源からは、MacBook Proモデルが「WWDC21」で登場するとの情報は得られていないようです。

近年、Apple社がこのイベントでハードウェアをデビューさせることは非定型ですが、前例がないわけではありません。

新型MacBook Proモデルは、2021年後半に生産を開始と予想されており、Bloombergのマーク・ガーマン氏やAppleのアナリストのミンチー・クオ氏を含む、信頼できるリーク情報筋も、今年の後半に発売されることを示唆しています。

source:MacRumors