Apple「Safari Technology Preview 126」リリース!

Appleは本日、2016年3月に初めて導入した実験的なブラウザである「Safari Technology Preview」の新しいアップデートを公開しました。

Apple、macOS Montereyの機能を搭載した「Safari Technology Preview 126」をリリース

Safari Technology Preview Feature

Safari テクノロジープレビューの機能

現在リリースされているSafari Technology Previewは、macOS Montereyに含まれる新しい「Safari 15」アップデートに基づいて構築されており、そのため、いくつかの新機能が含まれています。
  • タブバー
新しい合理化されたタブバーには、タブを整理するための「Tab Groups」の機能がついています。新しいデザインやテーマカラーを使って、タブの保存や整理を行えます。
「Live Text」では、M1 MacのmacOS Montereyベータ版では、ウェブ上にある画像内のテキストを選択して操作することができます
  • クイックメモ
重要な情報やアイデアを記憶するためにリンクやSafariのハイライトを追加できる「Quick Notes」にも対応しています。macOS Montereyのベータ版では、リンクやSafariのハイライトを追加して、ウェブ上の重要な情報やアイデアを覚えておくことができます。
  • Safari Web Extensionsの改善
Safari Web Extensionsのサポートも改善されています。150Kのコンテンツブロッキングルールに拡張されたdeclarativeNetRequestのサポートと、パフォーマンスを向上させる非永続的な背景ページをお試しください。
  • WebGL 2

Metalの上で動作するWebGLの、向上した3Dグラフィックス性能をANGLEで試すことができます。

  • その他Webテクノロジー
Safari 15 Betaで利用可能で、過去のSafari Technology Previewリリースに含まれていたHTML、CSS、JavaScript、その他のWebテクノロジーを体験できます。
新しいSafari Technology Previewアップデートは、macOS Big Surと、今秋リリース予定のMac OSの最新バージョンであるmacOS Montereyの両方で利用できます。
 
Safari Technology Previewアップデートは、システム環境設定のソフトウェアアップデートメカニズムを通じて、ブラウザをダウンロードした方ならどなたでもご利用いただけます。このアップデートの詳細なリリースノートは、Safari Technology Previewのウェブサイトに掲載されています。
 
Apple社のSafari Technology Previewの目的は、開発者とユーザからブラウザの開発プロセスに関するフィードバックを収集することです。Safari Technology Previewは、既存のSafariブラウザと並行して使用することができ、開発者向けに設計されていますが、ダウンロードに開発者アカウントは必要ありません。

Safariページの全翻訳機能

Safariアプリにおいて、海外のサイトや記事を簡単に読みたいと思っている方は、多くいると思います。MacとiPhone、それぞれの方法をご紹介いたします!

MacでのWebページ翻訳

MacのSafariではWebページを翻訳することができます。

  1. MacのSafariアプリで、翻訳したいWebページを開きます。Webページを翻訳できる場合は、スマート検索フィールドに「翻訳」ボタンが表示されます。
  2. 「翻訳」ボタンをクリックしてから、言語を選択すれば、ページが翻訳されます。

もし翻訳が間違っていると思われる場合は、「翻訳の問題を報告」を選択することで、翻訳はAppleに送信され、レビューされます。もし言語を利用できない場合には、「言語と地域」環境設定で言語を追加すると、さらに多くの言語を使用できることがあるので試してみましょう。

iPhoneで翻訳機能を使用

翻訳したい海外サイト等をSafariアプリにて開き、URL欄をタップして、あらかじめ「お気に入り」登録をしておいたGoogle翻訳を選択すると、そのページが全て翻訳されます。

お気に入り登録(ブックマーク)をする際は、以下のURLを設定しましょう!

javascript:q=location.href;void(location.href=‘http://translate.google.com/translate?hl=ja&sl=auto&u=’+q);

まとめ

今回はSafariについての新機能などを紹介しました。先日WWDC21にて、発表されたiOS15の新機能だけでなく、Safari Technology Preview 126にも期待できそうです。また、Googleではおなじみの翻訳機能についても紹介しました。Macでは、翻訳ボタンがあり、海外のサイトもスムーズに読むことができますが、iPhone等では、Google翻訳のサイトを利用する形で、事前に準備が必要となってきます。今後、新たなアプリや便利な翻訳機能にも注目できそうです。

Sourse:MacRumors