新型MacBook Pro量産は2021年後半から2022年まで待機?

新型MacBook Proには、様々な憶測とうわさが飛び交っていますが、少なくとも2021年後半まで出荷されない可能性があると、台湾系メディア・DigiTimesが指摘しました。

M1搭載新型MacBook Proは量産時期がまだ先になる!?

DigiTimesのレポートに引用された業界関係者の話によると、長い間噂になっていた、M1シリコンチップ搭載の16インチタイプMacBook Proは、来年2022年の第1四半期まで量産がずれ込む可能性が高いとのことです。

14インチMacBook Proですらも今年の第4四半期に量産!?

このレポートによると、小型の14インチMacBook Proは今年の第4四半期に「量産」に入り、大型の16インチモデルは来年2022年の第1四半期を目指しているとのことです。

この線で観測する情報筋によると、Apple社は14インチと16インチの2種類のMacBook Proは、2021年の下半期に発表することになるだろうと予測しているようです。

miniLEDバックライトの状況から16インチモデルは2022年の第1四半期に?

miniLEDバックライトのアプリケーションの供給状況からの判断においても上記同様で、14インチのMacBook Proの量産は2021年の第4四半期に、16インチMacBook Proは2022年の第1四半期に開始される可能性が高いとの裏付けもあるようです。

発売開始直後の品薄はM1搭載新型iPad Proの状況と酷似!

DigiTimesが描いたシナリオは、M1チップ搭載の新型iPad Proの発売後の品薄の顛末を彷彿とさせます。新型iPadは4月に発表されましたが、出荷が開始されたのは5月の後半になってからでした。

そしてその後も供給不足は続いており、7月まで待たなければならない顧客もいるのが現状です。

ブルームバーグは新型MacBook Proの発表は初夏と指摘していた

ブルームバーグ社のマーク・ガーマン氏は以前、Apple社は「早ければ」今年の初夏に14インチと16インチの新しいMacBook Proの発表を計画している可能性があると指摘していました。

この指摘を支持するアナリストやリーカーは、数多くいたことも事実です。

量産できない品薄の元凶は世界的な半導体不足!

このように新型デバイスの発表時期が難しいことの背景には、「作りたくても作れない」、国際的な半導体不足が挙げられます。

例えば「M1チップ」のような特殊な部品は、製造ラインをコミットできても、その他に使われる汎用的な半導体不足が、慢性的な供給不足を招いているとApple社の経営陣は危惧しています。

まとめ