【ソフトバンク】ポケットWi-Fiの月額料金が安い業者は?レンタルするならここ!

WiFiレンタルどっとこむ

「短期でポケットwifiを使いたい・・けれど年契約するまでもないな」という時ってありますよね。

年ごとの契約となると、初期費用やオプション料金・・・色々な費用がかかってきますが、レンタルのポケットWiFiなら日割りのレンタル料金のみ!

  • 料金価格はレンタルした日数分だけ
  • 事務手数料などがかからない
  • レンタル・返却が簡単
  • 翌日配送で急に必要な時もすぐ届く
  • WiMAXの3日で10GB通信制限がない業者がある

ソフトバンクのレンタルポケットWiFiはレンタルで気軽に借りることが可能です。

レンタル料金の相場は1日300~500円程度で一日のデータ上限が無制限(使い放題)のものもあります。

「数日間でかけるから、その間だけデータ上限ナシのネット環境を確保しておきたいな・・」という時にオススメ。

【現在最安のレンタルポケットwifi】

WiMAXよりもSoftBankポケットWiFiがいい理由

LTE回線を使用しているからWiMAXよりも安定してる!

ソフトバンクのポケットWiFiはLTE回線を使用しています。

LTE回線はもともと通話用の回線を使用していて、WiMAXの回線よりも電波の周波数が低いです。

電波の周波数が低いほど、回折性が高まり、障害物に強くなるため、LTE回線の方がWiMAXよりも安定しており、ムラなく繋がりやすいのが特徴です。

LTEのレンタルポケットWiFiはこんな人におすすめ!

LTE回線はWiMAXよりも安定していますが、WiMAXは速度を重視した回線を使用しています。

レンタルwifiが役立つのはこんな時! 🙂

  • 入院時
  • 出張
  • 短期旅行

LTE回線は繋がりやすいので屋内でも安心して使用することができます。

利用エリアを見てみると、都市部ではほぼ100%カバーされています↓

LTE,利用エリア,ポケットwifi

地方や田舎で使う予定、という人はレンタル前に一度「利用エリアMAP」(ピンポイント)で確認しておくほうが無難です。

「レンタルだと速度が遅いのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、結論から言うと実測値でも十分な速度がでます。

ユーザの口コミ・実測値を見てみる

無制限ポケットWiFiはSoftBankデータ買い増しよりお得!【料金比較】

ソフトバンクユーザーの方には、

「短期でのレンタル使用ならデータ通信料を買い増しした方がお得では?」

と思う方もいらっしゃると思います。

実際に比較してみましょう。

SoftBankデータ買い増しVS SoftBankレンタルポケットWiFi

データを買い増しした場合とソフトバンクのポケットWiFiの値段を比較してみました。

データ買い増しレンタルポケットWiFi
1GB1,000円

2,646円
(SoftBank 601HW 無制限)

3GB3,000円

2,646円
(SoftBank 601HW 無制限)

5GB5,000円

2,646円
(SoftBank 601HW 無制限)

7GB7,000円

3,024円
(WiMAX WX02 無制限)

10GB10,000円

3,024円
(WiMAX WX02 無制限)

結論:1GB以上使うのならレンタルポケットWIFiの方がお得!

表からもみてわかるように3GB以上の追加データ容量を購入するのであれば、レンタルポケットWiFiを使用した方がお得であることがわかると思います。

レンタルポケットWiFiのプラン選びで失敗しない4つのポイント

コメントを残す