Windows Modules Installer Workerが重い時の対処法

次は別のパソコンを使用する方法です。

これはOSがクラッシュしたパソコンからHDDを取り出し正常に動作するパソコンへつないでデータを取り出す方法です。

まずケースを空けHDDを取り出します。

この作業は静電気でもやられてしまう作業なので気をつけましょう。

HDDの接続コードを抜き取りUSB変換ケーブルと差し替え変換ケーブルを動作するPCへつなぎ起動させます。

自動でハードディスク認識を行いますのでアクセスしバックアップを取りましょう。

あとはHDDを元に戻しWindowsの復元などを行いましょう。

データ復旧ソフトを使用する方法

データ復旧ソフトを使用する方法です。

データ復旧ソフトはいくつかあるのでご紹介します。

ファイナルデータ

まずはファイナルデータです。

ファイナルデータではCDから直接起動するタイプのフリーソフトになります。

これは市販されており誰でも購入可能になっておりかなり人気のソフトになります。

ファイナルデータは購入する前にCDブート体験版があるのでそれをダウンロードしてデータ復旧可能かどうかをチェックして購入するようにしましょう。

Wondershare「Recoverit」

次はWondershare「Recoverit」です。

パソコンを使っていてクラッシュした場合はほかのパソコンへハードディスクを移して復元します。

先ほどのようにする場合はWondershare「Recoverit」をインストールして復元すると簡単に失ったデータを復元することができますよ。

EaseUS Data Recovery Wizard

次はEaseUS Data Recovery Wizardです。

EaseUS Data Recovery Wizardは海外製になってしまうのですがネット上では大人気。

一応ソフトの1つに加えておきましたが日本語非対応なのでちょっと厳しいかもしれませんね。

業者に頼む方法

次は業者に頼む方法です。

業者に頼む方法では100社以上ある業者さんからチョイスして治してもらいましょう。

料金設定ややってもらえる内容などをしっかりと把握して依頼しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

Windows Modules Installer Workerを使っていて不便に感じることはないと思いますが重くなってしまうのは唯一のデメリット。

このデメリットを改善しWindows Modules Installer Workerとうまく付き合っていきましょう。