Windows Defenderの定義更新KB2267602が失敗する場合の対処法

KB2267602はWindows Defenderの更新定義プログラムですが、その更新に失敗する場合があります。失敗の原因は、Windows Defenderと他のセキュリティソフトの競合などさまざまです。本記事の対処法を問題解消の参考にしてください。

KB2267602(Windows Defenderの更新定義)のインストール失敗

Windows DefenderはWindowsに標準搭載されているセキュリティソフトです。

Windows DefenderはWindows を起動するとリアルタイムで監視を行ない、マルウェア やウイルスなどのセキュリティに対する脅威を継続的にスキャンします。

また、ウイルス定義や機能などが随時更新され、ウィルス対策のための定義ファイルを含む更新プログラムが自動的にダウンロードされインストールされます。

KB2267602は、このWindows Defenderのウイルス対策機能に関する更新プログラムであり、Windows Updateでも自動的にダウンロードおよびインストールされます。

本記事では、KB2267602のインストールに失敗した場合の対処法などを説明します。

KB2267602の更新に失敗するのはWindows Update実行時

Windows Updateでは、Windows Defenderのウイルス対策用の定義ファイルの更新を、更新プログラムKB2267602を使って自動的に行います。

この更新において、ダウンロードはうまく実行されても、インストールで失敗してしまう場合があるのです。

Windows Updateの履歴を確認すると、エラーメッセージとして「Windows Defender Antivirusの定義の更新 – KB2267602(定義 <バージョン番号>)」が表示されているので失敗したことがわかります。

プロセスが繰り返され完了しないKB2267602のインストール

「Windows Defender Antivirusの定義の更新 – KB2267602(定義 <バージョン番号>)」のエラーが発生すると、Windows Updateは成功するまで再度インストールを実行しようとします。

しかし、いったん、エラーが発生してしまうと、何度繰り返しても更新は完了しないため、延々とKB2267602のインストールを繰り返すことになるのです。

KB2267602の定義更新が失敗する原因はセキュリティソフト

KB2267602の定義更新が失敗する原因としては、Windows Defender以外にセキュリティソフトをインストールしている場合に、そのセキュリティソフトとWindows Defenderのウイルス対策機能などに競合が発生していることが考えられます。

セキュリティソフトはシステムの根幹に触るため、複数のセキュリティソフトをインストールするとそれらの機能がバッティングすることがあるのです。

Windows Defenderは他のセキュリティソフトをインストールした場合は自動的に機能を停止しますので、通常であれば問題はありません。しかし、何らかの原因でWindows Defenderと他のセキュリティソフトが干渉し合う場合は、KB2267602の定義更新の妨げとなることがあります。

自動アップデートが原因で発生する場合も

KB2267602は、Windows Updateでもダウンロードおよびインストールします。一方、Windows Defender自身でもKB2267602によって自動でアップデートを行う場合があります。

この場合は、Windows UpdateとWindows Defenderが競合して、KB2267602の更新に失敗することもあります。

競合しているようであれば、しばらく時間を空けて、Windows Updateをリトライすることで解決できる場合もあります。

また、管理者権限でコマンドプロンプトを開き、以下のコマンドを入力することでも更新が可能です。

cd %ProgramFiles%\Windows Defender
MpCmdRun.exe -removedefinitions -dynamicsignatures
MpCmdRun.exe -SignatureUpdate

KB2267602:定義更新が失敗する場合の対処手順

ここでは、Windows Defenderの定義更新プログラムであるKB2267602のダウンロード・インストールが失敗する場合の対処手順を説明します。

PC再起動してWindows Updateを実行