Windows Modules Installer Workerが重い時の対処法

次は再アップデートです。

なかなかに重い場合はPCをいったん再起動してみましょう。

そして再起動した後に再アップデートします。

するとスムーズに完了するなんてケースが報告されているのでやってみる価値ありです。

⑤不要なデータの削除

次は不要なデータの削除です。

不要なデータの削除の方法は以下の通りです。

まずWindowsキー+Xキーを同時押しして「コンピュータの管理」をクリックし「サービスとアプリケーション」→「サービス」を展開します。

これでウィンドウ内のサービスが一覧で表示されるので停止したいサービスをダブルクリックで停止させてしまいましょう。

 

自分にとって不要なデータはササっと削除してしまったほうがいいです。

停止されればその分CPUが開くのでお勧めです。

Windows Modules Installer Workerの停止方法

ではWindows Modules Installer Workerの停止方法を見ていきましょう。

ただあくまでおススメはしません。

やむを得ない理由がある場合はやってみましょう。

【停止方法】①Windows Modules Installer Worker自体を停止

まずはWindows Modules Installer Worker自体を停止する方法です。

方法はスタート→「Windows管理ツール」→「サービス」→「Windows Modules Installer」をダブルクリックします。

「サービスの状態」→「停止」をすることでWindows Modules Installerを停止することができます。

【停止方法】②「タスクの終了」を行う

次は「タスクの終了」を行います。

これはタスクマネージャーから「Windows Modules Installer Worker」を右クリックで「タスクの終了」で停止可能です。

ただこの対処法ではOSが破壊される可能性があります。

OSが破壊されたという声がネット上であるのでWindows Modules Installer Workerの停止はそれだけリスクがあると知っておきましょう。

停止後にPCがクラッシュした際の復旧方法

では停止後にPCがクラッシュした際の復旧方法も見ていきます。

停止後にPCがクラッシュした際の復旧方法はいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

復旧対象のパソコンで復旧する方法

まずは復旧対象のパソコンで復旧する方法です。

まずタスクバーの検索ボックスに「復元」と入力。

次に「復元ポイントの作成」→「システムのプロパティ」→「システムの保護」→「システムの復元」で完了です。

これで破壊されたシステムが復元されました。

別のパソコンを使用する方法