お役立ち(情報)

Windows Modules Installer Workerが重い!停止してよい?

Windows Modules Installer WorkerがCPUやディスクアクセスを占有して、パソコンが使い物にならないほど重い・動かないという場合があります。本記事では、その原因や対処法を詳しく説明しますので参考にしてください。

大見出し:CPU占有?Windows Modules Installer Workerが重いのが原因?

なぜかが重い・PCがカクつく感じなので、CPU使用率を見てみたら、CPU負荷が高い状態が続いていた。チェックしてみると、Windows Modules Installer Workerというプロセスが高負荷で動きっぱなしになっており、ハードディスクの使用率も占有状態だった!

こんな状況に出くわしたことがありませんか。

このプロセスにはどんな役割があるのでしょうか。本記事では、Windows Modules Installer Workerの機能、重い時の扱い方について説明します。

Windows Updateの一部のWindows Modules Installer Worker

Windows Updateが動作するときに、Windows Modules Installer Workerも、一緒に動きます。Windowsを構成するプログラムの一部であり、常駐プロセスとしてWindows起動時にサービスを開始します。タスクマネージャではTiWorkerというプロセス名で表示されます。

Windows Modules Installer WorkerはWindows UpdateでWindowsのプログラムを新しいバージョンに差し替えた際に、後処理として、古いプログラムやバックアップをクリアにするためのプログラムなのです。

動き始めると、CPUやハードディスクアクセスを占有しが重くなることもしばしばです。このため、エントリークラスのPCでは、ほかのプログラムの動作を阻害してしまい、結果、PCの動きが鈍くなったり、画面がなかなか更新されない状況が続くのです。

Windows Modules Installer Workerの停止・削除は避ける!

Windows UpdateはMicrosoft社がWindowsの最新版をリリースすると必ず動作させて最新版にアップデートすることが必要です。最近はWindowsの脆弱性を狙った悪意のあるウィルスやハッキングなどが多数で回っており、パソコンのセキュリティを確保するうえでも最新版への更新が必須なのです。

つまり、Windows Updateは必ず動作させてアップデートを完了させる必要があります。しかし、停止したり、サービスを削除してしまうと、Windows Updateが正しく完了しないことになり、セキュリティ面はもちろんのこと、最悪、Windowsの動作をおかしくしてしまう可能性もあるのです。

PCが重くなったり、必要なプログラムが動かないのは痛手ですが、停止したり、サービスを削除したりしないように留意してください。

Windows Modules Installer Workerが重い時の対処法

Windows Updateは正常に完了させたいが、Windows Modules Installer Workerが重くてPCが使えない状況になるのはなるべく避けたいと考えるでしょう。

Windows Modules Installer Workerが重い時の対処法を以下に説明します。

①Windows Update Blockerの使用

Windows Updateは、Windowsが起動すれば自動的に動き出し、ユーザーが勝手に起動したり停止したりする操作は用意されていません。

Windows Update Blockerというフリーソフトを使えば、Windows Updateを手動で起動停止できるようになります。

Windows Modules Installer Workerに邪魔されたくなければ、PCを使用している時間帯は、本体のWindows Updateを動かさなければよいのです。

小見出し:Windows Update Blockerとは?

Windows Update Blockerは、Windows Updateの起動停止を手動で行えるようにするフリーソフトです。ソフトをインストールすれば使えるので、レジストリを操作するなどの専門的な知識がなくても利用できて便利です。

小見出し:Windows Update Blockerのインストール方法

Windows Update Blockerのインストール手順は以下のとおりです。

Windows Update Blockerをダウンロードする→ダウンロードしたファイルを右クリックしてすべて展開を選択し解凍する→Wub.exeを実行する

これでインストールは完了です。

小見出し:Windows Updateを停止、再開する方法

Windows Update BlockerでWindows Updateを停止する手順は以下のとおりです。

Windows Update Blockeを起動→サービスを無効にするを選択→今すぐ適用を選択

Windows Update BlockerでWindows Updateを再開する手順は以下のとおりです。

Windows Update Blockeを起動→サービスを有効にするを選択→今すぐ適用を選択

小見出し:Windows Update Blockerを使う際の注意点

Windows Updateを手動で停止してしまうと、当然のことながら、Windowsは最新の状態には保たれず、セキュリティなどに不安を抱えてしまうことになります。

Windows Update BlockerでWindows Updateを停止した場合は、必ず、再開する手順を忘れずに実行してください。基本的には、Windowsは毎月バージョンアップ版が配布されますので、それに合わせて動かしましょう。

②SoftwareDistributionフォルダーの削除

Windows Updateでは、SoftwareDistributionフォルダーに格納されている情報を使用し、Windows Modules Installer Workerがクリーンアップします。このフォルダーに破損したファイルなどがあるとWindows Modules Installer Workerの処理時間が長くなる恐れがあります。

以下の手順で、SoftwareDistributionフォルダーを削除しておきましょう。ただし、管理者権限が必要なので、初心者は避けた方がよいでしょう。

サービス一覧を開く→Windows Updateサービスを一時停止・停止する→c:Winowsフォルダーを開く→SoftwareDistributionフォルダで右クリックして削除を選択→サービス一覧を開く→Windows Updateサービスを開始する

③TiWorkerプロセスの優先度を変更

Windows Modules Installer Workerはサービス名で、タスクマネージャではTiWorker.exeです。タスクマネージャで、TiWorker.exeの優先度を下げることで、他のタスクが実行しやすくすることが可能です。

Windows Modules Installer Workerが動いて時間がかかっている場合は、場合によっては、TiWorker.exeの優先度を上げて処理を加速させて完了を早めるということも考えられます。

④Windowsアップデートの時間を指定

Windows Updateが完了するにはパソコンの再起動は必要な場合があります。しかし、パソコンで作業中に勝手に再起動されては困ってしまいます。

Windows10では、パソコンを仕事などで使っている時間帯には、Windows Updateによってシステムが再起動しないようにすることができます。具体的には、パソコンをよく使用している時間帯を設定しておくのです。手順は以下のとおりです。

スタートメニューから設定を選択→更新とセキュリティを選択→Winodws Updateを選択→アクティブ時間の変更を選択→時間帯を設定

⑤ネット回線の切断

Windows Updateは、インターネットから必要なプログラムやデータをダウンロードするなどネットワークを使用しながら実行されます。ネットワークを切断することで、一時的に、Windows Modules Installer WorkerのCPU使用率などを下げることができる場合があります。一時的なものなので、ネットワークに再接続すると再びCPU使用率が上がるかもしれません。

⑥再アップデート

Winodwsのバージョンが古い場合は、最新版にアップデートしてしまうことで、Windows Modules Installer Workerや、Windowsアップデート関連の不具合などによるパソコンの占有状態を解消できる場合があります。

⑦不要なデータの削除

パソコンを長く使っていると、不要なデータがどんどんたまっていきます。これは、ユーザーが作成更新したデータのみならず、Winodwsやアプリケーションが使用するデータについても当てはまります。

こうした古いデータが蓄積してしまうことが、Windows Modules Installer Workerに悪影響を与える可能性があります。デスククリーンアップなどで、定期的に不要なデータを削除しておくとよいでしょう。

Windows Modules Installer Workerの停止方法

原則、Windows Modules Installer Workerを停止することはおすすめできません。

しかし、どうしても急ぎでパソコン作業を終えなければならないなどの緊急時に、一時的に、Windows Modules Installer Workerを停止して、作業を終えたら、停止解除する場合の操作は以下のとおりです。

【停止方法】①サービスを停止

Windowsの管理ツールを使って、Windows Modules Installer Workerサービスを停止することができます。その手順は以下のとおりです。

Windowsのスタートボタン選択→Windows管理ツールを選択→サービスを選択→Windows Modules Installerのダブルクリック→サービス状態で停止を選択→サービス状態の表示が停止に変更されたことを確認→OKを選択

【停止方法】②「タスクの終了」を行う

一日中動作して、Windows Modules Installer Workerが終了せず、PCが重い状態が解消しないなどの場合は、やむを得ず、Windows Modules Installer Workerを強制終了することも可能です。手順は以下のとおりです。

Ctrlキー+Shiftキー+Escを同時に押してタスクマネージャを表示する→Windows Modules Installer Workerで右クリック→タスクの終了を選択

なお、強制終了すると、WindowsOSが壊れるなどのリスクがあり、おすすめできません。どうしてもやむを得ない時に、自己責任で行ってください。

Windows Modules Installer Worker停止失敗時の復旧方法

Windows Modules Installer Workerを停止したために、Windowsが不安定になる、起動しないなどの障害が発生したときの復旧方法を説明します。

復旧対象のパソコンで復旧する方法

Windows Modules Installer Workerを停止した影響で、Windowsが起動するものの、動作が不安定になった場合の対処法です。前提は、システムの復元で、復元ポイントを作成していることです。

Windowsでシステムの復元ポイントを作成している場合は、システムの復元により、停止する以前の状態に戻せる可能性があります。手順は以下のとおりです。

タスクバーの検索窓に復元と入力して検索→復元ポイントの作成を選択→システムのプロパティ画面でシステムの保護を選択→システムの復元ボタンを選択→次へを選択→復元ポイントを選択→次へを選択→完了を選択→はいを選択→Windows再起動後に閉じるを選択

別のパソコンを使用する方法

Windowsが起動しないなど、OSクラッシュの状態になってしまったら、まずは、HDDに保存されたデータのバックアップを考えましょう。PCに自信のある方は、PCのカバーを開けて内臓HDDを他のPCにUSB接続すれば、HDDのバックアップを取ることが可能です。

HDDのバックアップが取れれば、セーフモードからの復旧やWIndowsのクリーンインストールをして、Windowsを正常に戻すことも可能になります。

データ復旧ソフトを使用する方法

Windowsが起動しなくても、PC本体や装置自体に問題がなければ、HDDのデータを取り出すことも可能です。

市販のデータ復旧ソフトの中には、有料ですが、Windowsが起動しないPCからデータを取り出すことが可能なものがあります。基本的には、CDからを起動してデータ復旧ソフトを動かし、データを外付けHDDなどにバックアップするのです。

人気のデータ復旧ソフトを以下に紹介します。

ファイナルデータ

ファイナルデータはCDから起動でき、操作もわかりやすいのが特徴です。なお、CDブート体験版が無料で利用できますので、復元したいPCに使えるかを確認しておくとよいでしょう。

Wondershare「Recoverit」

CDなどで起動用のディスクを作成し、パソコンをこのディスクで起動して、実行するタイプのソフトです。無料版で100MBまでは復元可能です。

EaseUS Data Recovery Wizard

CDなどで起動用のディスクを作成し、パソコンをこのディスクで起動して、実行するタイプのソフトです。無料体験版もあります。

業者に頼む方法

WinodwsをインストールしているHDDを自分で復旧しようとして書き換えを行った場合、失敗すると大事なデータまで壊してしまい、結局データまで失って失ってしますリスクもあります。

そのため、データ復旧事業者に依頼するという方法もあります。ただし、事業者の数が多く、また、価格もさまざまであり、しかも、HDDはいったん復旧作業を行うと使えなくなる場合も多いのです。そのため、安心して任せられる業者を選ぶことが重要です。

 

まとめ

Winodws Updateの後処理を行うサービスとして、Windows Modules Installer Workerがあります。実行中にCPU使用率やディスクアクセスが非常に高くなり、PCが使えない・重い原因ともなりえます。本記事では、その原因と対処法を説明しました。参考にしてください。