動画ゲッターの使い方について詳しく解説!安全性は高いのか

ここまで「動画ゲッター」の使い方を紹介してきました。次に「動画ゲッター」の安全性について確認していきましょう。ウイルス感染や著作権侵害に関しての注意事項に関しても紹介します。

【安全性】①ウイルスの心配はない

「動画ゲッター」の安全性に関してですが、ウイルス感染の心配はありません。その理由は、拡張機能としてChromeウェブストアに登録するためには、厳正な審査を受けなければならないからです。また、ダウンロードに利用するのがChromeやFirefoxのブラウザだけで、別途ソフトをインストールする必要もありませんので、「動画ゲッター」の一般的な使い方をすれば安全性は高いものと言えます。

【安全性】②ダウンロードする動画によっては違法

「動画ゲッター」でダウンロードする動画の種類によっては違法行為になってしまうので、注意が必要です。動画には様々な種類がありますので、ダウンロードする動画によっては著作権侵害にあたり、違法ダウンロードになります。例えば、有料の動画や音楽作品のダウンロードをした場合や違法にアップロードした動画と認識してその動画をダウンロードした場合に著作権侵害にあたります。使い方にくれぐれも注意してください。

動画ゲッターの違法性

では「動画ゲッター」の違法性に関して詳しく確認していきます。

【違法性】①動画ダウンロードは刑事罰の対象

動画票有サイトには、違法アップロードした動画がたくさん存在しています。著作権者の許可を得ずに、無断でアップロードした動画が、違法アップロードにあたります。動画の閲覧者が、その動画を違法アップロードと知りながら、ダウンロードすると違法ダウンロードになります。これは著作権侵害となり、刑事罰の対象になります。動画をダウンロードするときは、著作権に関しての意識を持つことがとても重要になります。

【違法性】②ダウンロードによる罰則

では、ダウンロードによる罰則は、どの程度なのでしょうか。実は、違法ダウンロードの刑罰は「2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方)」が科されるということです。ただし、違法ダウンロードは親告罪のため、著作権者からの告訴が必要です。違法ダウンロードした人物の特定や立証がかなり難しいので、実際には今のところ、刑罰を受ける可能性はあまり高くはありません。ですが、くれぐれも注意をして、動画のダウンロードは自己責任で行ってください。

動画ゲッターで動画がダウンロードできない原因

「動画ゲッター」を正しい使い方をしても動画がダウンロードできない場合があります。ここからはその原因を確認していきましょう。

①動画サイトによってダウンロードできない