【iSafePlay】機能を徹底解説!安全性や注意点も紹介

皆さんは写真や動画を管理する際にどうしていますか?

実はiSafePlayを使えば安全に写真や動画を管理することができます。

そこで今回はiSafePlayの機能を徹底的に解説していきます。

また安全性や注意点を見ていきましょう。

iSafePlayとは

ではiSafePlayについて見ていきます。

iSafePlayとは一体どんなアプリなのでしょうか。

写真や動画を管理できるアプリ

まず写真や動画を管理できるアプリです。

iSafePlayを使えば写真や動画ファイルを組み込むことができます。

そしてカメラロールに表示されることを防いでくれるんです。

iSafePlayはカメラロールとは別に画像や動画をアプリ内で管理することができる便利なアプリなんです。

フォルダ毎にパスワードの設定をできる

そしてフォルダ毎にパスワードの設定をできるんです。

iSafePlayへのログインパスワードをまずは設定することができます。

そして他にも秘密のフォルダを表示させないようにするためのパスワードも決めることができます。

つまり用途によってパスワードを決めることができます。

そのためiSafePlayはファイルをカメラロールに表示させないで済むだけではなく、iSafePlayのアプリ自体にもロックをかけることができます。

二重のロックをかけることができるため安全性に富んでいることがわかります。

動画サイトからダウンロードも可能

また動画サイトからダウンロードも可能です。

iSafePlayでは海外の動画配信サイトからの動画をダウンロードすることができます。

AvgleなどのアダルトサイトでもiSafePlayは対応しているため使い方は千差万別。

AVIやFLVなどのビデオ形式の対応しているので色々な形式にして保存することもできます。

そしてサードパーティとしてWebサイトを見ることができたりするので非常に便利なんです。

iSafePlayの詳細情報は

  • 【販売元】:Fung Kam Keung
  • 【リリース日】:2011年12月7日
  • 【サイズ】:170.6MB
  • 【ジャンル】:ロック/セキュリティ/ユーティリティ
  • 【対応OS】:iOS9.1以降、Android4.0.3以上
  • 【日本語】:対応
  • 【価格】:無料
  • 【対応する動画サイト】:Avgle、XVideos、ThisAV、JAVHiHi、TUBE8、JAV789、LETFAP、JAVBUZ、YouAVなど

となっています。

iSafePlayの機能

ではiSafePlayの機能を見ていきましょう。

iSafePlayの機能にはいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

機能①ライブTVの視聴が可能

まずはライブTVの視聴です。

実はiSafePlayではライブTVを閲覧することができます。

iPhoneも同様の機能はありますがTVの視聴機能は搭載されていません。

野外でのTV視聴にはiSafePlayがうってつけなんです。

iPadでもiSafePlayは使えるので大画面でTVを視聴したい場合にもiSafePlayを使うことができます。

TV動画を保存することもできますので保管しておけばいつでもiSafePlay上で見ることができます。

オフラインでの視聴になるので通信量も気にしなくて大丈夫。

iSafePlayはアプリ1つでTV視聴ができるのでSNS上でも人気を博しています。

機能②フォルダにパスコードを設定できる