FaceTimeを複数人で行うには?グループ通話の手順を徹底解説

FaceTimeというiPhoneの機能を利用していますか。FaceTimeを複数人で利用すると便利で簡単に連絡を取り合うことができます。ここではFaceTimeを利用して複数人と連絡を取り合う方法やグループ通話の方法について紹介していきます。

【FaceTimeを複数人で行うには?】FaceTimeでグループ通話を始める方法

みなさんは複数人と通話をする際はどのような方法を取っていますか。専用アプリケーションを利用してグループ通話する方法もありますが、iPhoneユーザであればFaceTimeの機能を利用することで簡単にグループで通話することができます。ここではFaceTimeを利用してグループ通話する方法についてチェックしていきましょう。

連絡先右上の+から通話相手を全員選択

iPhoneのFaceTimeを利用してグループ通話を始める方法としては、まずiPhone端末のホーム画面より連絡先アプリを起動しましょう。連絡先アプリは人の影のマークがあるアプリケーションです。連絡先アプリを起動すると登録してある連絡先一覧が表示されます。連絡先アプリの右上の+をクリックして、その中からグループ通話をしたいメンバーを全員選択しましょう。選択忘れがあるとその人はグループ通話に参加できないので注意してください。

オーディオまたはビデオをタップで開始

グループ通話をしたいメンバーを全員選択したら、オーディオまたはビデオをタップしましょう。すると選択したメンバー全員に通話の着信が掛かります。相手がちゃんと通話を開始できる状態であれば、そのままグループ通話が開始されます。もし相手が通話できない状態やネットワークにアクセスできない環境にいる場合は、グループ通話に参加できないので注意してください。

メッセージアプリのグループから始めることもできる

また連絡先アプリ以外にもSMSというメッセージアプリからでもグループ通話を開始することができます。iPhone端末でSMS(メッセージアプリ)を起動して、グループでのメッセージグループを探してください。そしてそのグループでのメッセージグループをタップして、「通話」から「FaceTime」をクリックすればメッセージアプリからグループ通話を開始することもできます。

最大人数は32人

ちなみにFaceTimeの最大人数は32人になっています。32人以上でグループ通話をする必要がある場合は、他のコミュニケーションアプリを活用する必要があります。しかし32人以上でグループ通話をする機会はほとんどないと思われるので、一般的なグループ通話での使い方であれば、FaceTimeを利用すれば問題ないでしょう。

【FaceTimeを複数人で行うには?】FeceTimeで途中からメンバーを追加するには?

iPhone端末から複数人でFaceTimeを利用する方法について紹介してきましたが、既にグループ通話を始めてしまっている場合に他の友達やメンバーを追加することはできるのでしょうか。ここではFaceTimeの利用途中に他のメンバーを追加する方法について紹介していきます。意外と途中参加方法を知らない人もいるので、是非チェックしておきましょう。

画面下のエリアを上にスワイプ