iOS14.4の変更点は?アップデートできない場合の対処方法も

従来使っていた状態よりもバッテリーの減りが早いとの声が。

色々と機能を詰め込みすぎてデバイスの限界が来ているのかもしれませんね。

【不具合】②wi-fiがすぐ切れる

またiOS14.4で確認された新たな不具合はwi-fiがすぐ切れるとの現象も。

Wi-Fiは基本的にずっとつながっているものですが、アップデートしたことによりぷつぷつと切れてしまうようです。

【不具合】③Lineの不具合

次のiOS14.4で確認された新たな不具合はLineの不具合です。

Lineの不具合は

  • 写真が遅れない
  • 通知が来ない

などの症状が。

徐々に治されていくとは思いますが現状大変ですよね。

【不具合】④「背面タップ」が設定できない

またiOS14.4で確認された新たな不具合は「背面タップ」が設定できない不具合も。

「背面タップ」でショートカットを起動しようとすると変な表示が出てくるようです。

この不具合だけは主原因がわかっていません。

iOS14.4にアップデートできない場合の対処方法

ではiOS14.4にアップデートできない場合の対処方法を見ていきましょう。

①「Dr.Fone – iPhone起動障害から修復」でエラー修正

まずiOS14.4にアップデートできない場合の対処方法は「Dr.Fone – iPhone起動障害から修復」でエラーを修正しましょう。

「Dr.Fone – iPhone起動障害から修復」を使えばiOSシステムのシステム障害を修復してくれ、デバイスを正常に戻すことができます。

②iOS14のプロファイルを削除して再インストール

次のiOS14.4にアップデートできない場合の対処方法はiOS14のプロファイルを削除して再インストールする方法です。

これはアップデート用のデータが壊れたままiPhoneの中に残ってしまっているためアップデートができない現状を打破する方法です。

残ったままだと再インストールするのを拒んでしまいます。

③デバイスを強制再起動してからもう一度やり直す