【LINE】ブロックされているかを確認できる!?バレずに確認するには?

今やだれもが使っているであろうLINE。

そんなLINEですがLINEでブロックされているかの確認方法が存在します。

ブロックされている人は削除したほうが良いですよね。

そこでLINEでブロックされているかの確認方法を見ていきます。

LINEでブロックされているかの確認する方法

ではLINEでブロックされているかの確認方法を見ていきます。

 

こういったこともあるので是非知っておきましょう。

①ブロックされた時に見られる現象に当てはめて判断する

まずはブロックされた時に見られる現象に当てはめて判断しましょう。

ブロックされた時に見られる現象としては

  • トークの既読が付かない
  • タイムラインやホーム画面の画像が見れない

といったものがあります。

なのでこれに当てはまっていないかをまずは確認しましょう。

②プレゼントする

次はプレゼントをしてみましょう。

スタンプや着せ替えなどをプレゼントしてみる方法です。

スタンプを送る方法はまずLINEアプリを開き「ウォレット」→「着せ替え」などをタップ。

これで「プレゼントする」をタップしブロックされているであろう人にプレゼントしてみましょう。

ブロックされていれば所有されているので送信できませんと表示されます。

 

ただこういったこともあり得ます。

リスクを覚悟でやってみましょう。

iPhoneの場合は「着せかえ」がおすすめ

ただiPhoneの場合はスタンプではなく「着せかえ」がおすすめです。

iPhoneの場合はスタンプを送る場合はひと工夫が必要です。

ただ着せ替えの場合はワンタップで送れるのでお勧めです。

③ノートを作成する

次はノートを作成します。

トーク画面でノートを新規作成するとノートを作成した画像がサムネイルとして表示されます。

ただブロックされている場合はノートのサムネイルが表示されません。

なのでこの表示の有無でブロックされているかをかくにんすることができます。

 

こんな感じでサムネイルが表示されればブロックはされていないようです。

④複数人トークを作成する

次は複数人トークを作成しましょう。

これには友達が必要になります。

友達との2人のトークルームでタブを開き招待します。

グループトークではなく一時的なトークルームが誕生します。

ここでトークメンバーの数が3ではなく2になっている場合はブロックされています。

LINEでブロックされると見られる現象

ではLINEでブロックされると見られる現象を見ていきます。

LINEでブロックされると見られる現象にはいくつかあるので1つ1つ見ていきます。

①個別トークで既読がつかない

関連する記事