【iPhone】画面録画できないものは?できない時の対処法も紹介

iPhoneで画面録画しているとサイトやアプリケーションによっては画面録画できないこともあります。ここではiPhoneで画面録画できないパターンや特徴についてやiPhoneで画面録画できないものに対する対処法について紹介していきます。

iPhoneで画面録画をできないもの

iPhoneで画面録画機能を利用して録画した後に確認するために利用するため人がいるかと思いますが、利用しているアプリケーションやサービスによってはiPhoneの画面録画ができない時もあります。ここでは一般的にiPhoneの画面録画機能を利用できないアプリケーションや特徴について紹介していきます。今後iPhoneの画面録画を利用しようと思っている人は、事前に確認しておくといいかもしれません。

NetflixやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービスやアプリ

まずiPhoneの画面録画機能を利用できないものとしては、動画配信サービスのアプリケーションやサービスは画面録画機能を利用できないようになっています。特にNetflixやAmazonプライムビデオなどのの大手動画配信サービスについてはiPhoneの画面録画は動作しないようになっています。これは著作権違法など違反になることもあるため画面録画できないものとして設定されています。万が一他の動画配信サービスで画面録画できても録画することはあまりおすすめできません。

AppleMusicなどの音楽系サブスク

また著作権違法の関係でiPhoneの画面録画をできないものとしては、AppleMusicやLINEMusicといった音楽配信サービスやサブスクリプションサービスについても画面録画機能が利用できない用になっています。一見音楽配信サービスであれば画面録画できそうですが、MusicPVや画面においても著作権違法に引っかかる可能性があり、iPhoneの画面録画ができないもの対象となっています。

著作権保護されたコンテンツは基本的に画面録画できない

このようにNetflixやAmazonプライムビデオなどの動画配信サービス、AppleMusicやLINEMusicといった音楽配信サービスやサブスクリプションサービスにおいては著作権保護の関係でコンテンツを守る目的でiPhoneの画面録画ができないものになっています。なので他の著作権違法に関係があるアプリケーションやサービスにおいてはiPhoneの画面録画ができないものになっているので注意してください。

iPhoneで画面録画をできるもの

iPhoneの画面録画ができないものになっている対象についてはわかって頂けましたでしょうか。ここからは逆にiPhoneの画面録画機能を活用できるもについてチェックしていきましょう。iPhoneの画面録画機能を活用してYouTubeでゲーム配信をしたり、iPhoneの操作画面を録画してブログに乗せている人もいます。

アプリゲーム

まずiPhoneの画面録画をできるものとしては、iPhoneのゲームアプリや娯楽アプリ関連はiPhoneの録画機能を活用できるようになっています。最近ではiPhoneの画面録画機能を活用して、YouTube配信をしている人も多くいます。これは自分のゲーム操作を紹介したり、生配信でゲームの実況をすることで同じ趣味を持っている人と交流をするためにiPhoneの画面録画機能を活用している人が多くいます。

YouTubeやniconico動画などはできる