iPhone12miniとiPhoneSE2!どっちがおすすめ?

まずはiPhone13の噂を見ていきます。

5Gがミリ派に対応

まずは5Gがミリ派に対応しているという噂です。

台湾サプライチェーン情報によると現地の会社が大規模な注文を受けたと公表。

またAppleは今後数年間でiPhoneのミリ波の対応を拡大するため通信会社と提携することも報じています。

そのため5Gがミリ派に対応するのも時間の問題でしょう。

120Hzのリフレッシュレートのディスプレイ搭載

次は120Hzのリフレッシュレートのディスプレイ搭載になるという噂です。

iPhone12では実現しなかった120Hzのリフレッシュレートのディスプレイが搭載されるとのことです。

アメリカや韓国のメディアが大々的に予想を伝えています。

また低温多結晶酸化物の導入で120Hzのリフレッシュレートのディスプレイが実現可能であることも知られています。

そのため120Hzのリフレッシュレートのディスプレイ搭載も時間の問題でしょう。

TouchIDの復活

次はTouchIDの復活です。

コロナウイルスの影響でマスクが必要となった今TouchIDの復活は有難いでしょう。

Face IDがうまく作動しないことを受けTouchIDが復活するようですね。

また顔認証の満足度調査もしているのでTouchIDの復活は予想の範疇でしょうか。

1TBのストレージ搭載

次は1TBのストレージ搭載です。

YouTubeで公開された動画によると1TBのモデルラインナップが予想されています。

Proで1TBが導入されるのかどうかはまだ判明していませんがほぼ確定でしょう。

Wi-Fi 6Eに対応

次はWi-Fi 6Eに対応です。

Wi-Fi6では6GHzに対応数ということになっています。

今よりも安定した通信が可能でかなり期待が高まっています。

iPhone SE(第三世代)の噂

ではiPhone SE(第三世代)の噂を見ていきましょう。

2022年に発売と予測

まずは2022年に発売と予測されています。

アナリストたちの予想では2022年までは発売されないだろうとなっています。

また年毎の周期を考えると2022年でもまだ厳しいとしているアナリストも。

フルスクリーンのディスプレイを搭載

次はフルスクリーンのディスプレイを搭載するという噂です。

5.4インチのOLEDディスプレイが搭載される可能性があります。

またほかの端末でもフルスクリーンは予想されているので50%くらいでしょうか。

さらなる低価格帯のiPhoneになる

次はさらなる低価格帯のiPhoneになることです。

これは嬉しい情報ですよね。

現状どんどん安くなっていますが2万円台のiPhoneが誕生するかもしれません。

ただ一方で5万円ほどになるとの声も。

まとめ

本記事では、iPhone12 miniとiphoneSE2の特徴についてみてきました。

スペックの面でi Phone12miniは優れているだけでなく、デザインが小型化されたにも関わらず、全面スクリーンにより画面が大きく見やすいことから人気が集まりそうです。カラーバリエーションも全5色から選ぶことができるので、ぜひお気に入りの色を手にとってみてください。

また、iPhone12miniと比較対象になった、TouchID搭載のiPhoneSE2も再び注目が集まりそうですね。

毎月の携帯の固定費を下げたい方にとっては最適な選択肢の一つですね。