iPhone12シリーズ指紋認証復活?今後搭載の可能性は?

先日Apple社による「iphone12」の正式発表がありました。最新モデルの注目ポイントのひとつが、指紋認証の「Touch ID」が復活するのかということでした。それでは、今回は「iphone12」の指紋認証の搭載に関して確認していきましょう。

最新iPhone12は指紋認証「Touch ID」はなし!

今回も生体認証は「Face ID」のみ

 

最新モデル「iphone12」の生体認証は「Face ID」のみで「Touch ID」は搭載なしという発表でした。「iPhone」は、「8/8 Plus」以降「Face ID」顔認証が採用。しかし新型コロナウィルスの流行により、マスク着用が日常化、顔認証が困難になりました。顔認証のエラー後、パスコードを要求される面倒さから、指紋認証の利便性が再認識されていたのです。そのため「iphone12」の発表前から「Touch ID」搭載を望む声が、少なからず上がっていました。ですが残念ながら「顔認証」のみで「Touch ID」搭載なしとなりました。

指紋認証に対するSNS上での声

Apple payやFace IDでログインが必要なアプリ。マスクをしたままだと顔認証に失敗してしまい、認証の再要求という面倒な事態に陥ります。認証のたびにマスクを外すのはけっこう大変ですし、シチュエーションによっては、マスクを外すのをためらうこともあります。最新モデルに期待していた声も少なくない中、指紋認証なしという結果でした。

 

こちらも最新「iphone12」の指紋認証搭載なしの結果に落胆した声。システムヘルメットのフリップアップ状態やジェットヘルメットは認証成功の情報もありますが、フルフェイスのヘルメット着用時は、目元しか見えない状態になるので「Face ID」の認証失敗、という事態になるようです。

osをiOS 13.5にアップデートすると、ロック解除の際に、ホーム画面から上にスワイプすると顔認証か、パスコードかを選択できるようになりました。マスクをしているときは、パスコードを表示した方が便利です。以前よりは少しストレスを軽減されました。しかしながら、やはり最新「iphone」の指紋認証を期待するユーザーは少なくないようです。

リーク情報では指紋認証復活も噂されていた

電源ボタンに指紋認証が搭載される予想だった

全面ディスプレイが採用されてからの「iphone」の生体認証は「Face ID」に移行されていました。それ以降「iphone」は「TouchID」搭載に戻ることはないと思われていたようです。ですが、4月に発表された「iphoneSE2」で「Touch ID」が復活。コロナ禍において、マスク着用時でもロック解除がしやすいため、再評価されました。それだけに「iphone12」の生体認証にも大変注目が集まっていたのです。全面ディスプレイが採用されるという見方もあったため、電源ボタンに指紋認証機能が内蔵されるのでは、ということが予想されていました。

最新iPad Airでは電源ボタン内臓TouchID採用

続いて今年9月に発表された最新「iPad Air4」に「Touch ID」が搭載された流れもあり、「iphone12」にも指紋認証が搭載されるのではないか、と有力視されました。というのも、Apple製品で初めて、側面部分にある電源ボタン内蔵の「Touch ID」が採用されたからです。これで、ディスプレイサイズに干渉することなく、「Touch ID」を利用することができる、と米メディア『cnet』などで、予想されていたのでした。

iPhone13で指紋認証搭載する可能性大?!

海外情報メディア「appleinsider」は、Apple社が新たに2つの指紋センサーを配置する特許を申請したと報じています。また、アナリストのミン・チー・クオ氏やアメリカの大手情報サービス会社「Bloomberg」の予測では、新型「Touch ID」搭載のiphoneは2021年に登場する、と予測しています。現段階で「Bloomberg」では「Face ID」が廃止されるというよりは、連携機能可能な、ディスプレイ内蔵の指紋センサーが搭載するのではないかという情報になっています。