【個人間融資】レンタルキャッシュは危険?しくみと実態を徹底解説!

レンタルキャッシュの口コミを見てみると、『お金を即日で借りることができた』という口コミは、ごくごく少数なのが実態です。実際には早くても数日は必要となるケースが多く、即日でお金が必要な場合に希望通りの融資を受けられるかは、良い貸主に出会えるかどうかの『 運 』の要素が強いようです。

先振込み詐欺を要求される危険がある

お金を融資してくれる貸主が見つかっても、そこで油断してはいけません。なぜなら担保として一部金額の『先振込み』を要求されることがあるからです。これは詐欺師の手口に多く、先にお金を振込んだのに、そのまま融資が行われずに相手が雲隠れしてしまうというケースです。

『先振込み』は詐欺師の常套手段のため、要求された場合は融資を断ることをおすすめします。

借りパクの被害にあった事例が多い

お金を貸す側。貸主においても注意が必要です。『お金を融資したのに、借りパクの被害に遭った』という事例も度々報告されています。インターネットの掲示板を利用したサービスでは、身分証明を提示する程度で審査がなく融資が進むため、『借りる側』だけでなく、『貸す側』にも危険性があることを覚えておきましょう。

【ひととき融資】女性は特に注意が必要

『ひととき融資』というのは、個人間融資を利用して、女性に性行為を要求するものです。

通常、融資は金額によって15%〜20%の利息がかかってきますが、『ひととき融資』はその利息の代わりに性行為を要求されます。このような行為は貸金業法で禁止されているため、もし要求された場合は必ず警察に相談するなど、自分を守る為に行動を起こしてください。ひととき融資では、貸主が逮捕された事例もある明確な犯罪行為です。

 

まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

この記事では『レンタルキャッシュ』個人間融資について、しくみや実態をお伝えしました。しかし、理解しておいていただきたいのは、この記事が決して『レンタルキャッシュの利用をオススメするものではない』ということです。確かに、審査などもなく融資を希望できるこのサービスは、どうしてもお金を借りたい人にっとては渡りに船であり、最後の希望と言えるのかもしれません。

しかし、レンタルキャッシュのような掲示板を利用して、顔の見えない相手から融資を受けるには、それ相応の危険性が伴うのもまた事実です。もちろん、お金を融資する側も同様です。詐欺師や、闇金業者の被害を未然に防ぐため、この記事が少しでもみなさまのお役に立てば幸いです。