iPhone XS フィルムおすすめ7選【2021年最新版】

iPhone XS用のおすすめ保護フィルムを7点ご紹介します。XSはRetinaディスプレイによる画面美が特徴。画面割れや傷は絶対につけたくないですよね。そこでiPhoneXS用のフィルムの選び方とおすすめフィルムをご紹介します。

iPhone XS フィルムを使うメリット

Apple製品はデザインや使用感などとても良い製品が多いですが、どうしても本体料金が高くなってしまいます。それはiPhoneXSも同様で、選ぶスペックによっては10万円を簡単に越えてきます。

そんなiPhoneXSの液晶画面に万が一傷がついてしまったり、割れてしまったらショックですよね。そんな万が一から守ってくれるのがフィルムになります。

iPhoneXSの画面割れは修理にいくらかかるの?

仮に液晶画面が割れてしまった場合、iPhoneXSの修理費用はAppleCare+」に加入しているかしていないかで修理費用が変わってきます。仮に「AppleCare+」に未加入で修理に出すと31,800円の修理費用がかかってしまいます。一方で「AppleCare+」に加入している場合だと3,400円とお手頃な価格で修理することが可能です。なので、もしものことを考えると「AppleCare+」に加入しておくことをおすすめします。

iPhone XS フィルムの種類とメリット・デメリット

ここからはガラスフィルムタイプと保護フィルムタイプのメリットとデメリットを解説していきます。

①ガラスフィルムタイプ

ガラスフィルムは保護フィルムに比べて耐衝撃性能が格段に高く、iPhoneを仮に落としてしまった場合でも液晶画面を守ってくれる確率が大幅に上がります。なので修理費用が高いと感じる方や、修理に行くのが面倒な方にはガラスフィルムの装着をおすすめします。

ガラスタイプ
メリット傷がつきにくい
割れにくい
貼りやすい
デメリット価格が高い

②保護フィルムタイプ

保護フィルムのメリットは安く手に入るので、気軽にフィルムを交換できるところです。最近では100円ショップでもフィルムが手に入るようになったので、小さな傷でも気になってしまい、頻繁にフィルムの交換をしたい方にはフィルムタイプがおすすめです。ですが、ガラスフィルムのような耐衝撃性能は備わっていないのでその点には注意が必要です。

フィルムタイプ
メリット安く手に入る
気軽に交換できる
デメリット衝撃に弱い
貼りにくい

iPhone XS フィルムの選び方

結論としては、しっかり守ってくれるガラスフィルムがおすすめです。最近ではガラスフィルムの頑丈さに加えて様々な特徴があるガラスフィルムがたくさん出てきています。ここからはフィルムを選ぶ際に注目して欲しい機能などを紹介していきます。

絶対傷つけたくないなら硬さはH9以上