【個人間融資】レンタルキャッシュは危険?しくみと実態を徹底解説!

『レンタルキャッシュ』個人間融資という言葉を聞いたことがありますか?お金を借りるといえば、クレジットカードのキャッシングや消費者金融など方法は様々です。この記事では『レンタルキャッシュ』個人間融資の危険性や、しくみや実態について、みなさんに分かりやすく解説していきます。

レンタルキャッシュとは?

『レンタルキャッシュ』とは、企業のような組織を通さず、融資を希望したい個人と、希望者を支援したい個人が、インターネット上で金銭の貸し借りを行うための『情報サイト』のことで、掲示板を使って融資を希望するしくみです。個人間融資について、下記にて詳しく説明していきます。

レンタルキャッシュ

個人間融資について

個人間融資とは言葉通り、個人と個人のお金の貸し借りのことを指します。しかし、インターネット上で行われるレンタルキャッシュのようなお金の貸し借りは、少し意味合いが変わってきます。それは、『お互いの顔が見えない』という点です。

SNSなどが流行している現代において、顔が見えないことは珍しいことではないですし、その危険性も感じ難くなっています。しかし、合ったこともない誰かからお金を借りるということには抵抗を覚える人が多いかと思いますし、詐欺に遭う危険性も高いです。

しかし、個人間融資を検討している人というのは『他に方法がない程に追い詰められている』というのもまた事実。個人間融資とは、『たとえ知らない人であっても、危険性があっても、どうしても融資を受けたい』という人が利用する融資の方法なのです。

個人間融資を利用する際の注意点

どうしても個人間融資を利用したい場合、一番気をつけて欲しいのが『詐欺被害』に遭わないようにすることです。特にインターネット上で、レンタルキャッシュのようなサービスを利用する場合は『掲示板』を利用したやりとりとなるため危険です。

こういった掲示板で『融資しますよ』『融資するのでメールください』などと、積極的に聞いてくるようなら、『詐欺』を疑ってください。これは貸金業法の規定に反するもので違法行為となるためであり、レンタルキャッシュでは、『融資する側』の書き込みを禁止しています。

このような、ルールを守れない人間を信用してお金を借りるのは危険だということを覚えておいてください。

給料ファクタリング(レンタルキャッシュ)とは別物

ちなみに、インターネットで『レンタルキャッシュ』と検索すると、似たような名前の『給料ファクタリング会社』が出てくることがありますが、個人間融資のレンタルキャッシュとは無関係です。レンタルキャッシュのサイトでも『当サイトとの関係はない』とうたっていますし、間違いはないでしょう。似たようなサイトを検索し、貸金業法も遵守しない、詐欺サイトに騙されないよう十分注意しましょう。

レンタルキャッシュ(個人間融資)のしくみ

レンタルキャッシュの主なしくみ

さて、レンタルキャッシュのしくみは大きく分けると2つ。

  • 『個人間融資を利用したい人のみ書き込める』
  • 『その書き込みに対して、融資を希望する人は直接メールする』

というものです。そして、銀行や消費者金融のような審査もなく、個人と個人の信用だけでお金の貸し借りが行われます。

先で書いたように、掲示板で『融資しますよ』『融資するのでメールください』などと、積極的にお金を貸そうとしてくるメッセージは危険性が高く、『詐欺』の可能性が高いため注意が必要です。下記で基本的な『投稿から返済までのしくみ』を見ていきましょう。

投稿から返済までのしくみ