【iPhone/iPad】SIMカードの取り出し方!コツや入れ方を徹底解説

カードサイズにも注意が必要です。SIMカードには、mini、micro、nanoの大きく分けて三種類があります。miniとmicroサイズの差は大きいですが、microとnanoサイズの差は、そこまで大きくありません。

ですので、小さいサイズ用の差し込み口、特にminiを他の二種類の挿入口に入れることはあまりないと思いますが、microとnanoの入れ間違いは可能性として十分あり得ます。

無理に入れてしまうと、カード破損だけでなく、抜けなくなってしまったり、差し込み口側を傷めたりしてしまう可能性があります。ですので、利用する端末の対応するSIMカードと、利用したいSIMカードのサイズが合っているかを確認しましょう。

⑤SIMロックが解除されている本体かの確認

SIMカードには、端末と通信サービスの契約者情報を特定するID番号が記録されています。キャリア各社は、このID経由でサービス提供を行っていますが、キャリア各社は、その会社のSIMカードしか使えないようにロックをかけています。これをSIMロックと言います。KDDIで購入したiPhoneなどの端末にNTTのSIMカードを挿入しても、データ通信ができない、ということになります。

このSIMロックの制度ですが、2015年5月1日以降発売されている端末に関して、SIMロック解除に応じることが、各キャリアに義務として課せられています。ですので、その日以降に購入した端末に関しては、SIMロックが解除可能になっています。

端末の購入時と異なるSIMカードを使用したい場合には、ロックが解除されているかを確認してください。

SIMの出し入れに関するQ&A

ここではiPhoneのSIMの取り出しや挿入に関する、よくある疑問について扱っていきたいと思います。

SIMの入れ替えするとiPhoneデータはどうなる?

SIMカードは、キャリアなどの回線情報を記録している媒体です。

そのためiPhoneから抜いてもiPhoneのデータが消えてしまう、なんてことはありません。

バックアップなども必要ありませんので、取り出すときはそのまま抜いても構いません。

 

ですが、挿入するSIMカードのキャリアiPhoneを購入したキャリア異なる場合、4Gなどの電話回線に繋がらなかったり、エラーが表示される場合があります。

これはiPhoneにSIMロックという契約会社以外のSIMは受け付けないロックがかかっていることが原因で、SIMロックを解除することが必要になります。

⇒SIMロックについてはこちら

自分のiPhoneのSIMカードのサイズが知りたい

SIMカードには実は様々な種類があり、機種によって差し込めるものとそうでないものがあります。

しかしiPhoneの場合は機種によって差し込めるSIMカードの大きさが決まっており、機種さえわかればどのSIMカードを購入すればいいかがわかります。

Nano-SIM カードを使用しているiPhone

 nano-SIM カード

  • iPhone XS、iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8、iPhone 8 Plus
  • iPhone 7、iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s、iPhone 6s Plus
  • iPhone 6、iPhone 6 Plus
  • iPhone SE
  • iPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5

Micro-SIM カードを使用しているiPhone

 

 Micro-SIM カード

  • iPhone 4s
  • iPhone 4

SIM カードを使用しているiPhone

 

 SIM カード

  • iPhone 3GS
  • iPhone 3G
  • iPhone

SIMロック解除可能な端末

端末によっては、SIMロック解除できない場合があります。

主に端末が2015年5月以降にリリースされ、SIMロック解除をサポートするモデルであり、購入から101日が経過していれば、SIMロック解除が可能なようです。

詳細については、以下の各携帯通信会社の情報を確認してください。

SIMロック解除方法

店舗

店舗でのSIMロック解除のデメリットは手数料と時間がかかることにあるでしょう。

大体のキャリアが手数料として3,000円かかります。店舗によっては、窓口が少なくて対応に時間がかかる場合があるため、最短で案内してもらうには、事前に電話して予約をしたほうがよいでしょう。

店舗でのSIMロック解除のメリットはこちらが操作しなくてよくて当日に解除できることにあるでしょう。

SIMのロックを解除するのが初めてで、詳細な質問に進みたい場合は、時間をかけてでも店舗に行くとよいかもしれません。また、SIMロック解除から他社への乗り換えまで終わらせたいのであれば、店舗をまわることで最短で当日にすべてを終わらせることができます。

WEB

WEBでのSIMロック解除の大まかな流れは以下の通りです。

  1. 「PIN」を入力します。
  2. SIMロック解除を選択します。
  3. IMEI番号を入力します。
  4. 電源をOFFにします。

IMEI番号は、iPhoneの[設定]→ [全般]→ [情報]に移動して、IMEIの項目で確認可能です。

また、SIMロック解除方法の詳細についてはこちらの記事で説明してありますので、ぜひご確認してはいかがでしょう。

SIMカードのサイズ変更はできるの?

変更の方法として、3つほど挙げられます

まず、キャリアに依頼する方法です。これが確実で、安全な方法と言えます。契約しているキャリアのショップや郵送等でカードの取り換えができます。詳しい申請方法は、キャリアによって変わってきますので、公式サイト等をご確認ください。手数料がかかる場合がありますので、注意しましょう。

次に、アダプタ―を利用する方法です。小さいサイズから大きいサイズへの変更ができるようになります。注意として、まずメーカー保証外になるということを覚えておきましょう。また、アダプタ―によって、相性があったり厚みがでることによって上手く挿入できなかったりします。

最後に、SIMカッターを使用する、という方法です。文字通り、ホッチキスのような形状の器具で、目的のサイズに合わせて切ることで、サイズを小さくすることができます。この方法は、SIMカードを切り落としてしまう方法なので、失敗すると使えなくなる、リスクの高い方法ですので、十分に注意してください。

安い値段でiPhone用SIMカードを購入

キャリアで契約するとSIMカードに情報を記録し、iPhoneにそのSIMカードを差し込む子でデータ通信が行えるようになります。

実はこのキャリアのプランには不必要なものが多く、あまり出先で使用しない人にとっては損している部分が多いことをご存知ですか?

そんな時にオススメできるのが格安SIM

最低限でしかスマホを使わないという人にとっては、月々のスマホ代がグンッと安くなる最高のSIMカードです。

 格安SIMの選び方とおすすめ比較ランキング!口コミ評判

SNSし放題なのに超激安!LINEモバイル エントリーパッケージ

関連する記事

コメントを残す